関西エリアのauユーザーはauひかり!じゃなくてeo光?不都合な真実も合わせて解説

現在auスマホを利用中(契約中)または、検討されていますか?
auスマホを利用中(契約中)または、新規契約されたauユーザーには、auショップ等で、auひかりをおすすめされます。

auユーザーに、auひかりをおススメする理由

同じKDDIが提供しているサービスなので当然といえば、当然です。

auユーザーが、auひかりを契約すると、「auスマートバリュー」というセット割引が適用され。
auスマホの料金が毎月割引きされます。

家族内でauユーザーが複数の場合、その家族のスマホもそれぞれ割引きされますのでおトクですね。

auスマホ料金が毎月最大2,000円割引される!

auスマートバリューが適用されれば、スマートフォンのプランによっては、毎月最大2,000円も割引されます。
割引額はプランによって変わりますから、auスマホの契約プランは何なのか確認してみてください。後述の「auスマートバリュー割引額まとめ」をご覧ください。

家族にauユーザーが多ければ多いほどお得!

auスマートバリューは、光回線1回線につき家族内で10回線まで適用されるので、auユーザーの家族が多いほどお得です。

例えば、お父さん、お母さん、子どもの3人家族の場合を考えてみましょう。
お父さんが「auデータMAXプラン」のスマホ、お母さんが「auピタットプラン(~4GB)」のスマホ、子どもが4Gガラケーの「データ定額2/3(ケータイ)」を使っているとします。
それぞれの割引額は、毎月1,000円、500円、934円なので、家族3人で毎月2,434円もお得です。

もし、家族の中に別姓の人がいる場合は、同一住所に住んでいることの証明書が必要です。

ただし、50歳以上の家族の場合、家族であることの証明書があれば適用されるので、別居している50歳以上の祖父や祖母なども対象です。

auスマートバリューの割引額まとめ

auスマートバリューによる主なスマートフォンプランの月額料金の割引額について、以下の表にまとめてみました。

auスマートフォン

新auピタットプラン
1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 翌月から
500円/月割引
auフラットプラン7プラス 翌月から
1,000円/月割引
auデータMAXプラン 翌月から
1,000円/月割引
auピタットプラン(s) auピタットプラン
(2019年6月30日受付終了)
2GBまで
auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります
翌月から
500円/月割引
2GB超~20GBまで 翌月から
1,000円/月割引
auフラットプラン20 auフラットプラン30
(2019年6月30日受付終了)
auフラットプラン25 Netflixパック
翌月から
1,000円/月割引
データ定額1
(2019年8月31日受付終了)
翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3
(2019年8月31日受付終了)
ジュニアスマートフォンプラン カケホ(3Gケータイ・データ付)
(2019年8月31日受付終了)
※受付終了プラン
シニアプラン
データ定額3cp LTEフラット cp(1GB)
翌月から
934円/月割引
※受付終了プラン
U18データ定額20
翌月から適用期間中
1,410円/月割引
データ定額5/20
(2019年8月31日受付終了)
LTEフラット
(2019年8月31日受付終了)
ISフラット
※受付終了プラン
データ定額5cp データ定額8 プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
データ定額30
(2019年8月31日受付終了)
※受付終了プラン
データ定額10/13
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ケータイ(4G LTE)

データ定額1(ケータイ) 翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3(ケータイ) 翌月から
934円/月割引
データ定額5(ケータイ)
※受付終了プラン
データ定額8(ケータイ)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ケータイ(3G)

カケホ(3Gケータイ・データ付) 翌月から
934円/月割引

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
翌月から
1,000円/月割引
LTEフラット for Tab/Tab(L) LTEフラット for Tab(i) LTEフラット for DATA(m)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

auスマートバリューの適用条件とは

auスマートバリューには適用条件が設定されています。

①auスマホを利用・契約していること
②auスマホの登録住所にてauの指定固定回線サービスの契約をしていること

auが指定する固定回線というは、インターネット+固定電話サービスを指します。

インターネットは、光回線やケーブルテレビのネット回線サービスですが、以下のサービスが対象となります。

光回線サービス auひかり、auひかり ちゅら、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、ビビック
ケーブルテレビ J:COM、イッツコム、ベイコミュニケーションズ、KCN、ZTVなど提携ケーブルテレビ会社

これらいずれかのインターネットサービスに固定電話サービスをつけて契約する必要があります。
※ケーブルテレビ会社はインターネットサービス+テレビサービスでもOKです。

auショップのスタッフは、auひかりとのセット申込をおススメしますが、auひかり全国どこもでも利用できるサービスではありません

auひかりの提供エリアは全国ではない?

auひかりはほぼ日本全国で利用できる光回線ですが、契約プランによっては以下の地域で利用できませんのでご注意ください。

  auひかり auスマートバリュー
対象の光サービス
北海道エリア  
東北エリア  
関東エリア  
東海エリア × コミュファ光
甲信越エリア  
関西エリア × eo光
中国エリア メガエッグ
四国エリア ピカラ光
九州エリア ビビック
沖縄エリア × auひかり ちゅら

集合住宅プラン(マンションタイプ)については沖縄エリア以外で提供していますが、集合住宅に設備が導入されていない場合は、auひかりの契約、申込ができません。

不都合な真実とは

気になる関西エリア、東海エリア、沖縄エリアですが、実はKDDIとeo光、コミュファ光、auひかりちゅらは提携または資本関係にあるため、あえて提供されていないのです。そう、競合しないように

そのため、関西エリアと東海エリアでauひかりの戸建タイプ(ホームタイプ)は契約できません。

でも安心してください。auひかりじゃなくても、関西エリアならeo光があります。

auの割引だけじゃない!eo光のおすすめポイント

eo光がおすすめなのは、auスマートバリューによる割引があるからだけではありません
auスマートバリューが適用される光回線はたくさんありますが、そのなかでも、なぜeo光がおすすめなのかを解説します。

eo光なら通信速度が速い

eo光は、通信速度が速いこともおすすめポイントの一つです。
契約コースや契約環境によっても変わりますが、上り/下りの両方で、1Gbpsから最大10Gbpsもの速度プランが用意されています。
これは、フルHDの動画視聴やスマホのアプリゲーム、配信ゲームのデータダウンロードなどを、ストレスなく行える速度レベルです。

また、回線の混雑を回避する次世代通信規格「IPv6接続」が標準装備の光回線であることと、10ギガ・5ギガサービスも提供されていることも、通信速度に関してのプラス要素です。

eo光は月額料金が安い

eo光の月額料金は、安いといわれています。
ここでは、他社回線とeo光の月額料金を比較してみましょう。
下記の表のeo光の月額料金は、「eo暮らしスタート割」が適用されたeo光ネット(1ギガコース)で、最大12ヶ月までの料金です。

<他社回線との月額料金比較>

  eo光 フレッツ光(西日本) auひかり ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
戸建 2,953円 5,500円 関西では
提供なし
5,200円 5,200~
5,400円
4,743円
マンション 3,520円 3,800円~
4,900円
3,800円 3,800円 4,000円 1,900円~
2,500円

※マンションタイプについては設備導入されている場合に限ります。また設備よってそれぞれ料金が異なります。

「eo暮らしスタート割」とは、eo光ネットのホームタイプ、または、メゾンタイプで、10ギガコース、5ギガコース、1ギガコースを新規申込すると、最大12ヶ月間2,000円の割引を受けられるお得な割引サービスです。
さらに、テレビや電気、ガスの契約によっても、eo光の利用料金をさらに安くすることが可能です。このように、eo光には割引サービスもあり、上記の表からも他回線に比べても安いことがわかります。

NURO光のマンションタイプが安いように見えますが、関西圏で導入されているマンションタイプはほぼありません。大体は月額4,743円の契約になるので注意しましょう。

eo光ならテレビや電気、ガスもあわせておトクに

eo光(ホームタイプ、メゾンタイプ)と、eo電気、関電ガス、eo光テレビに加入すると、インターネット利用料金だけでなく、電気料金やガス料金、光テレビの料金にも割引が適用されます。

<電気・ガス・光テレビにも加入する場合の割引サービス>

①eo光ネットとテレビ同時申し込みで テレビ料金が11カ月間 1,439円/月 割引き
②eo光ネットとeo電気申込で電気代が、約5%おトク
③eo光ネットとeo電気セットの契約で、eo光ネット料金が12ヶ月500円/月 割引き
④eo電気と関電ガスeo割の契約でガス代が、約10%おトク

いずれも併用可能な割引ですので非常におトクになります。

このように、電気、ガス、テレビをeoでまとめると、さまざまな料金割引が適用されます。
関西地方にお住まいの方はeoでまとめれば、インターネット料金だけでなく、ライフラインの利用料金も安くできるでしょう。

近畿地方でeo光が総合満足度No.1

2018年度RBB TODAY主催「ブロードバンドアワード2018」によると、eo光は地域別総合の近畿地方で、総合満足度No.1を獲得しています。この結果は、インターネットユーザーの投票により決まるものです。
eo光を使っている多くの人が、高い満足度を感じているということがわかります。
関西でeo光がおすすめなのは、ユーザーの満足度の高さも理由の一つです。

eo光を申込するには?

eo光の正規取次店「ライフ・イノベーション」は公式キャンペーンと同じですが、当サイト経由でお申込みされると、オリジナル特典が別途つきますので一番おトクになります。

申し込み窓口 ライフイノベーション 価格.com 家電量販店
ホーム・メゾンタイプ特典  商品券10,000円+当サイトオリジナルキャッシュバック 商品券11,000円 10,000ポイント 
マンションタイプ特典  商品券5,000円+当サイトオリジナルキャッシュバック 商品券6,000円 5,000ポイント 

eo光の申込はキャンペーンサイトから利用希望の住所など入れるだけです。後はeo光より電話で詳細の説明や開通までの流れを案内してくれますのでカンタンです!

auスマートバリューが適用される関西の他社光回線

関西で最もおすすめの光回線はeo光ですが、わずかながら関西でもエリア外の地域があります。そのため、eo光を契約できない方のために、関西でおすすめの他社の光回線をご紹介します。

auひかり

auひかりはauスマートバリューが適用されますので、eo光が契約できない方にもおすすめの回線です。
ただし、auひかりは関西地域では戸建プランの提供は行っておらず、マンションプランのみの提供です。
そのため、関西ではマンションやアパートなどの集合住宅にauひかり設備が導入されている場合auひかりを利用できます。

ビッグローブ光

ビッグローブ光は、プロバイダ事業者でもあるBIGLOBEが提供する光回線です。ビッグローブ光はauスマートバリュー対象サービスですので、eo光やauひかり同様にセット割引きが可能です。
ビッグローブ光はNTT回線を使った光コラボサービスなので提供エリアは全国区です。
eo光が利用できず、auひかりも利用できない場合の選択肢となるでしょう。

まとめ

eo光は、関西地方にお住まいの方にとてもおすすめの光回線です。特に、auユーザーの方はauスマートバリューが適用されるため、対象のプランならスマホ料金の永年割引を受けられます。

また、回線速度が速い、月額料金が安いなどのメリットもあります。
ただし、関西でもエリア外の地域があります。
エリア外だった場合は、auスマートバリューが適用されるauひかり、光コラボ回線のビッグローブ光もおすすめです。
関西にお住まいのauユーザーの方は、まずはeo光の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

それ以外のサービスについては「【最新版】関西の光回線を徹底調査!おすすめインターネットサービス4選」を参考にしていただくと、おトクなサービスが見つかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました