ドコモ光ってなに?今さら聞けない?ドコモ光をカンタン解説!

ドコモ光ってなに?

ドコモ光とは、NTT東日本、NTT西日本の光回線を借り受けて、プロバイダと一体でドコモが提供する光コラボレーションモデルです。
ドコモスマホを契約しているユーザーがドコモ光を契約するとドコモスマートフォンとのセット割引が適用可能となります。
ドコモ光は、対応プロバイダを選び契約します。プロバイダによって、タイプAタイプBにプランが分かれ、月額料金が少し変わります。対応プロバイダではなく、自分でプロバイダを用意する場合はプロバイダなしの単独タイプがあります。

ドコモ光の提供エリア

提供エリアは、NTTフレッツ光ネクスト マンションタイプが導入されている集合住宅か、フレッツ光ネクスト ファミリータイプが利用可能な場所で提供可能です。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光の月額料金は2年定期契約プランと契約期間なしプランを選択できます。さらに組み合わせのプロバイダーにより料金が異なります。

プランは組み合わせのプロバイダーで異なる

ドコモ光は下記対応プロバイダによって月額料金が異なります。

タイプA ドコモnet、ぷらら、So-net、とくとくBB(GMO)、DTI、Tigers-net、ビッグローブ、エキサイト、アンドライン、ic-net、U-Pa!、ニフティ、エディオンネット、SYNAPSE、TikiTiki、楽天ブロードバンド、hi-ho、コアラ、ネスク、スピーディア
タイプB @TCOM、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット
単独タイプ ユーザー自身で別途プロバイダー契約が必要

2年定期契約プラン

ドコモ光2年定期契約プランは2年毎の自動更新プランで、更新月以外で解約した場合、解約違約金がかかります。

ファミリータイプ(戸建タイプ)

プラン タイプA タイプB 単独タイプ
月額料金 5,200円 5,400円 5,000円
契約期間 2年毎の自動更新契約
解約違約金 13,000円

マンションタイプ(集合住宅タイプ)

プラン タイプA タイプB 単独タイプ
月額料金 4,000円 4,200円 3,800円
契約期間 2年毎の自動更新契約
解約違約金 8,000円

2年更新なしプラン

更新契約でない為、いつ解約しても違約金はかかりません。

ファミリータイプ(戸建タイプ)

プラン タイプA タイプB 単独タイプ
月額料金 6,700円 6,900円 6,500円

マンションタイプ(集合住宅タイプ)

プラン タイプA タイプB 単独タイプ
月額料金 5,000円 5,200円 4,800円

ドコモ光の初期費用

  ファミリータイプ マンションタイプ
契約事務手数料 3,000円
初期工事費 18,000円 15,000円

ドコモ光は「ドコモ光セット割」で安くなる

ドコモのスマホユーザーであれば、「ドコモ光セット割」が利用できます。ひかり電話サービスへの加入は必要なく、ネット回線契約のみでの加入が可能です。

スマホ側の契約が、1つのデータ契約プランを複数台で分け合う「シェアパック」の場合は、そのシェアパックにのみ適用されます。それぞれの端末が別々のプランで契約している場合は、それぞれの回線にプランに対応した金額が、端末の月額料金から割引されます。
ドコモ光セット割は、ファミリー割引のグループやシェアグループ内に登録されている最大20回線までが割引の対象です。

ドコモ光★複数割

ドコモ光セット割を実家で既に適用されていて、一人暮らしなどで別途ドコモ光を契約する際、ドコモ光セット割を二重で適用することはできません。ただし、同一シェアグループ内の家族が別住所にてドコモ光を2回線目として契約した場合、「光★複数割」が適用可能となり、シェアパック料金から300円/月割引されます。

適用条件は、同一シェアグループ内に2回線以上の「ドコモ光」契約(ドコモ光ミニは除く)がある場合、2回線目以降のドコモ光1回線あたり300円/月が、シェアグループ親回線のパケットパック料金(当該パケットパックへの各種割引適用後の料金を上限)から割引されるます。

同一シェアグループつまり、シェアパックプランを契約されている場合に適用可能な割引サービスですので、新料金プランの「ギガホ」「ギガホライト」では適用できません。

まとめ

ドコモスマホユーザーはドコモ光を契約することでセット割が適用できるためおトクなサービスと言えます。また、ドコモ光はNTTのフレッツ光回線を利用した光コラボレーションモデルのため、現在フレッツ光を契約中である方も簡単に切り替えることが可能です。ドコモスマホユーザーの方は検討されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました