eo光とソフトバンク光はどっちがオススメ?速度や料金を比較!

eo光とソフトバンク光徹底比較

関西・近畿エリアで絶大な人気を誇るeo光。一方、全国的に知名度が高いソフトバンク光。eo光とソフトバンク光では、サービスの提供エリアもスマホ割のキャリアも違います。

今回は、eo光とソフトバンク光の違いを比較してみました。乗り換えを検討している方も、両光回線にどのようなメリットがあるのかをチェックしてみてください。

eo光とソフトバンク光どっちを選ぶべき?

eo光とソフトバンク光では、「どちらを選ぶべきか」という判断は比較的明確です。結論から言いますと

・速度重視、料金重視、auユーザー → eo光
・ソフトバンクユーザー、eo光のエリア外の人 → ソフトバンク光

となります。それでは詳しく解説していきます。

eo光を選ぶべき人

まず、eo光を選ぶ一番簡単な着目点は「auスマートバリューの適用」です。auユーザーの場合、eo光を契約し、auスマホのセット割である「auスマートバリュー」を適用させた方が断然お得です。

また、eo光の超高速プラン 5ギガ・10ギガコースは速度重視の人におオススメですし、月額利用料もソフトバンク光に比べeo光の方が安価に設定されているため、料金重視の人もeo光がいいでしょう。

なお、通信速度と料金の違いに関しては後述します。

ソフトバンク光を選ぶべき人

ソフトバンクスマホを使っている人は、ソフトバンク光を契約することで「おうち割 光セット」というスマホ割が適用されます。したがってソフトバンクユーザーはソフトバンク光がおススメです。

サービス提供エリアにかかるeo光は、関西エリア限定の光回線であるのに対し、全国展開のソフトバンク光は、契約・利用できるエリアが広大なことがメリットです。eo光とソフトバンク光のどちらかで悩んでいる人の中でeo光の提供エリア外に住んでいる人は、自動的にソフトバンク光になるでしょう。

eo光とソフトバンク光のエリアの違い

eo光とソフトバンク光の大きな違いとして提供エリアがあります。

eo光は関西地方限定の光回線

eo光は関西電力系列の「株式会社オプテージ」のサービス提供になります。関西一円に向けて独自の光ファイバーネットワークによる通信サービスや、携帯電話サービスを展開している会社です。

【eo光サービス提供エリア】

大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県の一部

関西・近畿地方ではかなりの知名度があり、ユーザー数も多いのが特徴です。しかし、関西以外では契約することができないため知名度も関心度も低めなのが現状です。

ソフトバンク光のエリアは全国区

ソフトバンク光と言えばテレビCMでもおなじみの、全国区で知名度が高い光回線です。光コラボレーションなので提供エリアはフレッツ光と同じであり、回線自体はもちろんサポート体制も充実した光回線だと言えます。

eo光とソフトバンク光の速度の違い

eo光もソフトバンク光も通信速度は通常プランで1Gbpsです。これは光回線の一般的な通信速度なのですでに光回線を利用している方にとってはとくに速いとも遅いとも言えません。

ただ、eo光はIPv6の高速通信がデフォルトで付いています。ソフトバンク光もIPv6には対応していますが、別途オプションとしての加入が必要です。

eo光ならIPv6が無料!

eo光は2018年8月30日からIPv6接続を標準での提供として開始しました。オプションではなくなるので追加料金も発生せず無料でIPv6通信を利用ができます。

ただし、このIPv6接続を利用するためにはそれに対応したルーターを使用する必要があります。eo光ではそのIPv6対応ルーター「eo光多機能ルーター」が標準装備されています。

ソフトバンク光でもIPv6接続には対応していますが、効果的に利用するために対応したルーター「光BBユニット」(月額467円)を追加契約する必要があります。

eo光なら5ギガ・10ギガの高速サービスを利用可能!

eo光では通常の1ギガコースに加え、さらに高速の5ギガ・10ギガコースがあります。この超高速コースは通常コースよりもさらに限られたエリアでの提供ですので、契約前に提供エリアをきちんとチェックしておくことが大切です。

通常の1ギガコースでもIPv6接続が標準対応していますので、eo光は速度重視の人にオススメです。

eo光とソフトバンク光の料金の違い

契約、利用する上で一番気になるコスト面ですが、eo光とソフトバンク光ではどのような違いがあるのでしょうか。比較したものを表でまとめてみました。

eo光とソフトバンク光の料金比較(1Gbpsの通常戸建てプラン・各種割引サービス適用後)】

  eo光 ソフトバンク光
契約事務手数料 3,000円 3,000円
初期工事費 0円 24,000円
月額利用料金 2,953円
※2年目以降は4,953円
5,200円
固定電話サービス 0円
※対応ルーターレンタル代286円
500円

eo光の方がソフトバンク光よりも全体的に安価に設定されていることがわかります。ちなみにeo光の超高速プラン料金は以下の通りです。

eo光5ギガ・10ギガプランの料金(各種割引サービス適用後)】

  eo光 5ギガコース eo光 10ギガコース
契約事務手数料 3,000円 3,000円
初期工事費 0円 0円
月額利用料金 2,953円
※2年目以降は5,419円~
3,471円
※2年目以降は5,937円~

eo光とソフトバンク光のスマホ割の違い

eo光ではauスマホソフトバンク光ではソフトバンクスマホが、それぞれスマホ割の適用です。このスマホ割の存在ですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

eo光はauのスマホ割が適用される

eo光のauスマホ割は「auスマートバリュー」です。割引が家族全員永年、最大1,000円続くという、かなりお得なキャンペーンとなっています。この場合の家族とは「同居家族」です。ただし、50歳以上であれば離れて暮らしていても対象です。最大10回線登録できますので、家族にauユーザーが多い程割引額が高くなります。

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホ割が適用される

ソフトバンク光のソフトバンクスマホ割は「おうち割 光セット」です。こちらも最大1,000円の割引が家族全員永年続きます。同住所でなくても血縁関係が確認できる書類を提出すれば離れて暮らしていても対象になります。おうち割 光セットも最大10回線の登録が可能です。

eo光とソフトバンク光のキャンペーンの違い

よりお得に光回線を使いたい場合は、契約時のキャンペーンをうまく使うことが必要です。eo光とソフトバンク光のキャンペーンの違いを比較していきます。

高速サービスではeo光のキャンペーンがお得

eo光で展開されている5ギガ・10ギガコースでは、「eo暮らしスタート割」に上乗せして「10ギガ/5ギガ月額料金割引キャンペーン」を実施しています。これにより最大12ヶ月間1ギガコースと同じ料金で、5ギガコースが使えます。5Gbpsの超高速通信を2,953円で楽しめるのですから、eo光のさらに高速コース提供エリア内に住んでいるのなら、迷わず5ギガコースを選択するべきだと言えるでしょう。

通常タイプではソフトバンク光のキャンペーンがお得

通常の1Gbpsプランでの公式キャンペーン内容は以下のとおりです。

  eo光 ソフトバンク光
キャッシュバック 10,000円分商品券
乗り換え金負担 最大50,000円 最大100,000円
初期費用負担 最大27,000円 最大24,000円
その他 最大12ヶ月2,000円割引

これらのキャンペーンは公式キャンペーンです。ソフトバンク光では、代理店でのキャンペーンがいくつか展開されています。キャッシュバックキャンペーンなどがあります。

どちらも他社回線の解約費用を負担してくれる!

現在、他光回線を契約していてeo光やソフトバンク光に乗り換えようと考えている人は、キャンペーンを利用しておトクに乗り換えることができます。更新月以外の解約は、本来なら解約違約金が発生しますし、状況によっては撤去工事が必要になります。そういった解約の際に発生した費用を負担してくれるキャンペーンをeo光、ソフトバンク光共に展開しています。

まとめ

eo光とソフトバンク光の違いについて解説してきましたが、どちらかを選ぶには、まず自分のスマホキャリアのスマホ割が適用される光回線であることが重要ポイントです。

料金重視、速度重視の人はeo光がおオススメですが、住んでいる地域がeo光の提供エリアでなかったらソフトバンク光を選択しましょう。どちらの回線もキャンペーンやサービス体制が充実した光回線です。自分の住んでいる地域、自分のライフスタイルに合った光回線を選択しましょう。

eo光は特典が一番多い窓口から申込
タイトルとURLをコピーしました