eo光とauひかり、どっちがいい? 4つの違いと共通点について徹底解説

eo光とauひかり徹底比較!違いとは

eo光は、関西エリアで「株式会社オプテージ」が提供している光回線です。一方、auひかりはスマホ3大キャリアの一つでKDDIが全国で展開している光回線です。この2つの光回線の共通点と言えば、auスマホとのセット割引auスマートバリュー」が適用されるということです。関西エリアに住んでいるauユーザーの方は、どちらの回線にしようか悩んでいる方が多いと思います。eo光とauひかりを比較して見つけた4つの違いについて解説していきます。共通点も含めて説明していきますので、それらも踏まえてどちらの光回線を選択すべきか検討してみてください。

関西では原則としてeo光がオススメ

まず結論から、auひかりの戸建向けサービス「auひかり ホームタイプ」は関西エリアで申し込めません。「auひかり関西エリアではホームタイプを展開していない」ということです。

関西エリアにおいて、auひかりマンションタイプのみサービス提供となっています。

関西エリアで、eo光とauひかりを検討されているのであれば、選択肢は必然的にeo光になります。
選択肢はeo光のみとなりますが、eo光で展開されているキャンペーン内容はとても充実しており、関西エリアではユーザーからの評価は高く、それ故に関西エリアではeo光ユーザーが多いのです。

集合住宅においてはeo光、auひかりともにマンションタイプを展開していますが、集合住宅にeo光、auひかりのマンションタイプ設備が導入されている必要があります

eo光とauひかりのエリアの違い

いくら契約したくてもサービスが提供されているエリアでなければ、その光回線を利用はできません。

eo光とauひかりのサービス提供エリアの違いはどのようになっているのでしょうか。

eo光は関西地方限定の光回線

eo光は関西電力系列の「株式会社オプテージ」がサービスを提供しているため、関西エリアでしか契約・利用はできません。
逆を言えば、関西エリアで絶大な信用と人気を誇っている光回線だと言えます。

【eo光サービス提供エリア】

大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県の一部

auひかりは関西ではマンションタイプのみ提供

auひかりは全国的にサービスを展開していますが、以下のエリアではauひかりホームタイプの提供はしていません。

【auひかりサービス 提供エリア】

大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県、沖縄県

KDDIと関西電力は業務提供を結んでいるため、競合を避けるための措置をとっているのです。

関西エリアの戸建てに住んでいる人は、auひかりを契約・利用ができません。

eo光とauひかりの料金の違い

光回線を契約・利用する際に気になる料金の違いについて解説していきます。
なお、前述したとおりauひかりでは関西エリアでのホームタイプ提供を行っていません。

【eo光とauひかりの料金比較(戸建て)】

  eo光 auひかり
月額利用料金 4,953円 提供無し

月額料金はeo光が安い!

マンションタイプでの月額料金を比較していきます。マンションタイプでの料金は、そのマンションの契約タイプによって異なります。導入物件の多いVDSL方式で比較してみます。

下の表を比べてみると、月額料金はeo光の方が比較的安価に設定されていることがわかります。

  eo光
VDSL方式の場合
auひかり
タイプV16の場合
月額利用料金 3,523円 3,800円

eo光とauひかりはセット割が共通! auスマホ料金が安くなる

eo光とauひかりの代表的な共通点として、スマホ割があります。
どちらもauのスマホに対しての割引が適用となるのです。

auスマートバリューは、ネット+電話を契約している状態でauスマホを利用すると、最大1,000円の割引が永年続くというものです。

auスマホやタブレットを持っている家族全員が対象となるため、家族の中にauユーザーが多ければ多い程割引額が高くなります。

家族全体の通信費を下げるためにも有効なサービスなので、auユーザーに大変人気があります。

eo光とauひかりの速度の違い

エリア・料金と比較してきましたが、実際にインターネット環境を快適にするためには、通信速度も重要な要素です。

そこでeo光とauひかりでの速度の違いを比較してみました。

eo光は1Gbpsプランのほか、5ギガ・10ギガの高速サービスも提供中!

光回線の一般的な通信速度は1Gbpsで、eo光もその例外ではありません。
そしてeo光ではそのほかにも5ギガ・10ギガプランも展開しています。

ただし、この5ギガ・10ギガプランはホームタイプ/メゾンタイプのみとなっており、マンションタイプでの利用はできません。

また、2018年8月より、IPv6によるインターネット接続が標準提供されています。
専用ルーターである「eo光多機能ルーター」の環境をお持ちの方は、追加料金が発生することなく利用できます。

超高速プランも含めてeo光の通信速度に関する評判は良好です。
インターネットを利用するにあたって「通信速度を重視する」という人はeo光を選んでおいて間違いないでしょう。

auひかりは最大1Gbps

auひかりの最大通信速度も1Gbpsです。

しかし、契約タイプによってその限りではありません。
たとえばマンションタイプVでは最大100Mbpsという通信速度です。

また、これらの通信速度はすべてベストエフォート値(諸条件が最高に整っているときに再現できる理論値)のため、必ずしも最大速度が出るとは限りません。

通信速度は利用環境や地域によって大きく影響を受けます。

キャンペーン内容もeo光がお得!

契約時にキャンペーンが適用になるのは、近年どの光回線でも当然といった風潮ですが、eo光とauひかりではキャンペーンにどれほど差があるのでしょうか。

なお、先述のとおり、関西地方の場合はauひかりの戸建てタイプが提供されていませんので、マンションタイプのみで比較を行います。

【eo光とauひかりのキャンペーン内容比較(マンション)】

  eo光 auひかり
キャッシュバック 3,000円分商品券 10,000円
乗り換え金負担 最大15,000円 最大15,000円
初期費用負担 無料 最大30,000円
その他 最大24ヶ月500円割引

eo光には「eo暮らしスタート割」という代表的なキャンペーンがあり、月額利用料が割引です。

500円割引が24ヶ月続くと12,000円の差額となるので、auひかりのキャッシュバック10,000円よりもお得だということです。ただし、マンションによっては500円×24ヶ月割引が適用されない物件もあるようですので注意が必要です。

まとめ

関西エリアに住んでいる人であればeo光を選択した方がコスト、速度ともにオススメです。

eo光のエリア外の場合はauひかりを契約すると、auスマホユーザーはauスマートバリューが適用になります。

両社ともキャンペーン内容が充実していますが、eo光とauひかりで迷い中の方は、そういった点も考慮しつつどちらのプランが自分に合っているのか検討してみてください。

eo光は特典が一番多い窓口から申込
タイトルとURLをコピーしました