ドコモの無制限プラン「5Gギガホプレミア」はおススメできない?

ドコモ5Gギガホプレミア無制限おススメできない?

NTTドコモは、2020年12月18日、5G向け料金プラン「5Gギガホ」と4G向け料金プラン「ギガホ」の見直しを行い、新プラン「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を、2021年4月1日より提供開始すると発表しました。

しかし、新プランは誰にでもおススメとは言えないかもしれません。

先日発表されたドコモの新プラン「ahamo」との違いや他キャリアとの違いもあわせて解説いたします。

新プランの概要、現行プランの違いは?

新プランの概要と現行プランとの違いを見てみましょう。

5Gギガホプレミアとは

5Gギガホプレミアは、5G向けの大容量プランです。現在提供中の「5Gギガホ」の改良版といえます。

現行プラン「5Gギガホ」と比較すると月額料金は1,000円値下げされ、月間データ利用量は100GBまでだったのが、無制限となりました。

また、月間利用データ量が3GB未満だった場合月額料金は5,050円となります。

  (現行プラン)
5Gギガホ
(新プラン)
5Gギガホ プレミア
利用可能データ量 100GB 無制限 ~3GBの月
月額基本料金 7,650円 6,650円 5,150円
みんなドコモ割
(3回線以上の場合)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
dカードお支払割 -170円 -170円 -170円
上記割引適用時料金 5,480円 4,480円 2,980円

みんなドコモ割(家族内でドコモスマホを2契約以上していると割引きされるサービス)や、ドコモ光セット割(自宅のインターネットをドコモ光にすると割引されるセット割引)、dカードお支払割(ドコモの料金支払いをdカード支払いにすることで割引きされる)といった各種割引きも適用可能です。

ギガホプレミアとは

ギガホプレミアは、4GLTE向けの大容量プランで現在提供中の「ギガホ」の改良版です。

現行プラン「ギガホ」と比較すると月額料金は600円値下げされ、月間データ利用量は30GBまでだったのが、60GBとなりました。

また、月間利用データ量が3GB未満だった場合月額料金は5,050円となります。

  (現行プラン)
ギガホ
(新プラン)
ギガホ プレミア
利用可能データ量 100GB 無制限 ~3GBの月
月額基本料金 7,150円 6,550円 5,050円
みんなドコモ割
(3回線以上の場合)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
dカードお支払割 -170円 -170円 -170円
上記割引適用時料金 4,980円 4,380円 2,880円

5Gギガホプレミア同様に、みんなドコモ割、ドコモ光セット割、dカードお支払割は適用可能です。

通話料は現行プラン同様

通話料については、現行プランの「5Gギガホ」「ギガホ」同様となります。

5分間通話が何度でも無料になるオプションは月額700円、かけ放題は月額1,700円でつけることも可能です。

音声オプション名 オプション料金 通話料
なし 家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 <1回あたり5分以内の通話>
国内通話無料
<1回あたり5分超の通話>
家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料

新プランはどんな人におススメ?

新プランの概要と現行プランの比較を見てみましたが、いかがでしょうか。

これや安い!と思われる方と、別にそんなに変わってないよ!と思われる方それぞれいらっしゃるかと思います。

それもそのはず、現在5Gギガホに加入されている方は、キャンペーン期間中により、データ通信無制限で利用できるので、限定キャンペーンが標準になっただけと感じる方もいらっしゃるようです。

5Gギガホプレミア、ギガホプレミアは家族向けじゃない?

5Gギガホプレミアは無制限で利用できるメリットはありますが、ファミリー世帯の場合、光回線をすでに利用されているご家庭も多いのではないでしょうか。

そんな中で、家族割引など適用されたとしても、1台あたり4,480円。ちょっと微妙なところですね。

例えば、集合住宅にお住まいの3人家族で5Gギガホプレミアを契約して割引条件にもあるドコモ光を利用しているとして計算すると、合計17,440円です。

家族3人ahamoにして、ドコモ光をを利用した場合、ドコモ光セット割や家族割引はないものの、合計12,940円なのです。自宅に光回線を用意しているならデータ無制限じゃなくてもいいですし、こちらの方がおトクなのです。

ちなみに、光回線なしで、5Gギガホプレミアのみ契約だと、ドコモ光セット割は適用されないため、合計16,440円となります。

  5Gギガホプレミア
+ドコモ光
5Gギガホプレミアのみ
光回線なし
ahamo
+ドコモ光
4,480円 5,480円 2,980円
4,480円 5,480円 2,980円
4,480円 5,480円 2,980円
ドコモ光 4,000円 4,000円
合計 17,440円 16,440円 12,940円

先日ドコモから発表された「ahamo」は月間20GBで月額2,980円。しかも5分間通話無料が含まれています。単純にこっちの方がいいのでは?と思ってしまいますね。

一人暮らしで固定回線を用意できないという方にはありかもしれません。

無制限で利用するには5Gスマホ端末購入も必須?

5Gギガホプレミアは、データ無制限 という点が魅力的ですが、5Gスマホ向けプランです。
そう、5Gスマホ端末用なので、ドコモで5Gスマホ端末を用意して契約する必要があります。

ドコモで販売されている5G対応スマホ端末は19種類(2020年12月時点)ありますが、一番安い端末で57,000円です。その他の端末はほぼ10万円近い金額または、10万円以上なのです。

ドコモとしては5Gへの移行を進めたいため、5Gプランの方がメリット大きめに設定しています。しかし、5Gスマホ端末価格が高い為、二の足を踏んでしまうユーザーも多いのではないでしょうか。

ちょうど買い替え時期で、新しいハイスペックな端末をお求めの方にはちょうどいいかもしれませんが、そこまでの性能を求めていないユーザーからするとハードルが上がってしまいます

ここは、何とか安くお願いしたいところです。

ahamoや他社との比較

さて、今回発表されたドコモの新プランは他社と比べて安いのか?おトクなのか?

先日発表されたドコモの「ahamo」やUQモバイル、ワイモバイルなど他社プランとの比較を見てみましょう。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル、mineoは5G対応プランを掲載しています。

ドコモの「ahamo」は2021年3月から、UQモバイルの「スマホプランV」は2021年2月から、ソフトバンクの「メリハリ無制限」、ワイモバイルの新プラン、新生LINEモバイル(SoftBank on LINE)は2021年3月から提供を予定しています。

小容量ならMVNOのmineoが最安。中容量はドコモのahamotSoftBank on LINEが最安、大容量は楽天モバイルが最安となります。楽天モバイルに関してはまだ提供エリアが十分でないため、全ユーザー対象ではありませんので注意が必要です。

スマホ代を安くする方法!格安SIMキャリア10社を徹底比較!

まとめ

ドコモの5Gギガホプレミアは無制限で利用できるプランで固定回線を用意できない一人暮らしのユーザーにはアリのプラン。ファミリー世帯なら光回線を用意して、それぞれ安いプランで契約した方が経済的ではないでしょうか。

ただ、新プランは来年春からの提供開始であるのと、KDDIやソフトバンクも今後新たなプランを用意してくると思われますので、様子見といったところでしょうか。

あらたなプランに期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました