ドコモ新料金プランは安くなったのか

2019年6月1日よりドコモ新料金プランが開始されました。新料金プランに伴い、旧料金プランへの申込は終了となります。機種変更する際に新料金プランへ変更すると旧料金プランへ戻すことはできません。旧料金プランを維持するか、新料金プランへ変更するべきか検証してみましょう。

ドコモ旧料金プランの料金構成

ドコモの料金構成は 通話基本料金(基本プラン)+データ通信基本料(パケットパック)+SPモード基本料(インターネット接続サービス)を合わせたものが月額基本料金の合計となります。
あとは携帯端末の割賦料金や、割引、通話料、オプション料金が加算されます。

基本概要の画像

ドコモ新料金プランの料金構成

ドコモの新料金プランの料金構成は通話基本料+データ通信基本料+SPモードを合体させたプランになりました。

ドコモ新料金プラン

シンプル2択な新料金。 ギガホ ギガライト

ドコモのスマートフォン向けプランとしては、ギガホギガホライト2択となりました。これはシンプルになった!ようにも思います。あと、ケータイ向けのケータイプラン、子供向けのキッズケータイプラン、タブレットを一緒に利用する方向けのデータプラス トータル5プランです。

◆ ギガホ

月間30GBまで速度制限なしで利用できる一定額プランです。

月額基本料金 6,980円 (通話基本料、データ通信基本料、SPモード込です)
音声通話 20円/30秒(つまり1分40円)
データ通信 月間30GBまで速度制限なし 超過後は送受信最大1Mbpsの速度
1GB追加オプション(1GBごとに1,000円)を申込むことで通常速度で利用可能となります。
契約期間 2年毎の自動更新契約(定期契約あり)
違約金 更新期間外での解約は9,500円かかります
縛りなし(定期契約なし)も選べますが、月額基本料金が8,480円です。1,500円高くなるため、半年以上利用するなら 定期契約あり が良いでしょう。

◆ ギガライト

月間1~7GBまで利用したデータ通信量に応じて段階的に料金が変動するプランです。

月額基本料金 2,980円~5,980円 (通話基本料、データ通信基本料、SPモード込です)
音声通話 20円/30秒(つまり1分40円)
データ通信 月間7GB 超過後は送受信最大128kbpsの速度に。
1GB追加オプション(1GBごとに1,000円)を申込むことで通常速度で利用可能となります。
契約期間 2年毎の自動更新契約(定期契約あり)
違約金 更新期間外での解約は9,500円かかります
縛りなし(定期契約なし)も選べますが、月額基本料金が1,500円高くなるため、半年以上利用するなら 定期契約あり が良いでしょう。

ご利用料金の画像

◆ ケータイプラン

ドコモケータイ向けプランで データ通信は月間 100MBまで

月額基本料金 1,200円 (通話基本料、データ通信基本料、SPモード込です)
音声通話 20円/30秒(つまり1分40円)
データ通信 月間 100MB 超過後は送受信最大128kbpsの速度に。
1GB追加オプション(1GBごとに1,000円)を申込むことで通常速度で利用可能となります。
契約期間 2年毎の自動更新契約(定期契約あり)
違約金 更新期間外での解約は9,500円かかります
縛りなし(定期契約なし)も選べますが、月額基本料金が1,500円高くなるため、半年以上利用するなら 定期契約あり が良いでしょう。

◆ キッズケータイプラン

キッズケータイ向けの料金プランです。
利用者が12歳以下の場合に限り申込可能。また、キッズケータイ単独での契約はできません。同一「ファミリー割引グループ内において「キッズケータイプラン」以外の回線契約が必要です。

月額基本料金 500円 (通話基本料、データ通信基本料、SPモード込です)
音声通話 20円/30秒(つまり1分40円)
契約期間 2年毎の自動更新契約(定期契約あり)
違約金 更新期間外での解約は9,500円かかります
縛りなし(定期契約なし)も選べますが、月額基本料金が500円高くなります。

◆ データプラス

ドコモ同一契約名義のギガホ」もしくは「ギガライト」の契約回線がある場合のみ月額+1,000円でデータプラスが使えます。パケットをスマホとタブレットでシェアする形です。スマホとタブレットを一緒に利用する方はおトクなプランです。

月額基本料金 1,000円
契約期間 2年毎の自動更新契約(定期契約あり)
違約金 更新期間外での解約は9,500円かかります
縛りなし(定期契約なし)も選べますが、月額基本料金が1,500円高くなります。

モデルケースとして、ドコモのスマホとタブレットをそれぞれ契約すると月額料金はスマホ単体契約の2倍となりますが、データプラスならスマホ料金にプラス1,000円で利用できますので、おトクと言えます。

モデルケースイメージ

◇ 音声オプション

ドコモを契約している家族以外にも通話を頻繁にするという方は以下オプションを追加することで、通話かけ放題になります。

・5分通話無料オプション

月額料金 700円 (ギガホまたは、ギガライト料金に加算するイメージ)
国内一般固定電話や携帯電話宛への 1回あたり5分以内の通話が、無料となります。回数無制限です。

・かけ放題オプション

月額料金 1,700円 (ギガホまたは、ギガライト料金に加算するイメージ)
国内一般固定電話や携帯電話宛への通話が24時間無料となります。

◆ みんなドコモ割

ドコモ同一「ファミリー割引グループ内対象音声回線数に応じて、 「ギガホ」「ギガライト」の月額料金を各回線ごとに最大1,000円割引。「ファミリー割引」とは、家族内(住所が異なっても可能)の国内発信通話料が24時間無料なる割引です。月額はかかりませんが申込が必要です。
1回線は割引なし2回線は500円割引3回線以上は1,000円割引となります。
カウント対象についてキッズケータイプラス、キッズケータイプランはカウント対象から除外されます。

「ファミリー割引」グループの画像

◇ ずっとドコモ特典

ドコモ新料金プラン「ギガホ」、「ギガライト」、「ケータイプラン」を契約されている方はdポイントクラブのステージに応じて、毎年誕生月にドコモのポイント、dポイントがプレゼントされます。ステージの決まり方は下記図をご覧ください。

d POINT CLUB 長くご利用の方、たくさんご利用の方が上位ステージへ!15年以上のお客さまなら最上位のプラチナステージに!
ドコモ回線の利用年数または、dポイント獲得数によってランクが変動する仕組み
dポイントクラブのステージ 進呈ポイント数
(期間・用途限定)
プラチナステージ 3,000pt
4thステージ 2,000pt
3rdステージ 1,500pt
2ndステージ 1,000pt
1stステージ 500pt

ここで注意! 「ずっとドコモ特典」として進呈されるポイントは「dポイント期間・用途限定」です。有効期間は獲得日を含む月から6か月目の月末までとなり、「スマートフォンなどのドコモ商品の購入」「dマーケット」「dポイント加盟店」「d払い」などに利用可能です。なお、「ポイント交換商品(商品が当たる抽選、JALのマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ドコモケータイ料金の支払い」「ドコモデータ量の追加」には利用できません

端末代金割引終了のお知らせ

ドコモでは「月々サポート」という 最大24か月間 購入機種に応じた金額を、毎月のドコモ月額料金から割引という割引サービスがありました。購入機種や申込期間によって割引金額は変動しますが、実質的に端末が割引れる仕組みです。しかし、電気通信事業法の法改正により、分離プランが義務化されることになりました。これによりドコモでは2019年6月1日以降ドコモ端末購入に伴う割引月々サポート」 を終了させました。つまり、ドコモ端末購入時の実質端末割引はなくなりました
そこで新しいサービスが開始されます。

◆スマホおかえしプログラム

最新スマホでもおトクにもてる!スマホおかえしプログラム

「スマホおかえしプログラム」に加入してドコモ端末購入すると、36回の分割払いとなります。その後ドコモ対象機種を返却した場合に、その翌々月請求分以降の機種代金分割支払金最大12回分)の支払いが不要となります。

月々の支払いイメージ

(例)24か月目でプログラムを利用した場合の機種代金
機種代金108,000円(3,000円×36回払い)-支払い不要分(3,000円×12回)
実質負担額:72,000円

月々のお支払いイメージの画像

「スマホおかえしプログラム」加入後端末代金を一括支払いした場合、当プログラムは適用されませんので注意が必要です。 また、一括払いでの端末購入も適用対象外となります。
スマホおかえしプログラム」適用により端末を返却する必要がある新たに端末を用意する必要がある(購入が必要)ため、利用している端末を家族に渡すとか、残しておくことができないのが残念です。返却しないという選択肢もありますが、その場合は端末代金を割引(キャンペーン)なしで購入するということなので、このプログラムは意味がないということになります。

端末返却時にはドコモ指定の諸条件をクリアする必要があります
・対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと。
・その他のドコモ指定の査定基準を満たしていること(ドコモショップ店頭で確認する為、電池パックを装着した状態で持参する必要があります)。
ドコモ指定の査定基準を満たしていない場合に、査定条件を満たすには、20,000円(税抜)(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone & iPadに加入の場合は2,000円(税抜))の故障時利用料を支払う必要があります

■料金比較

モデルケースとして、ドコモを15年以上利用している方が、機種変更した場合で比較してみます。端末は2019年6月14日発売のXperia1 端末代金 95,400円 36分割=2,650円/月
24か月目に「スマホおかえしプログラム」利用。そのため、25ヶ月目以降端末残債不要。
通話多少する方(1回5分間無料通話付)で比較してみます。

◆ひとりで契約の場合

・データ通信少な目の方

データ通信を月間2ギガくらいまで利用される場合、ギガホライトと旧プランの比較

データSパックは月間2ギガまでの為、3ギガ利用すると別途追加料金がかかります。

データ通信少な目な方は新料金プランが安いようです。

・データ通信そこそこ利用の方

データ通信を月間5ギガくらいまで利用される場合、ギガホライトと旧プランの比較

データ通信そこそこ利用する方も新料金プランが安いようです。

・データ通信たくさん利用の方

データ通信を月間10ギガ以上利用される場合のギガホと旧プランの比較

ドコモ新料金プランにはない 20ギガデータ定額のプランがあるため、20ギガ近く利用されるなら旧料金プランの方が安いかもしれません。ドコモで20ギガ以上データ通信されるなら新料金プランが安いようです。

・ひとりで契約 結論

ドコモ長期契約時に適用される「ずっとドコモ割(新規受付は終了)」で割引率が一番高い、ずっとドコモ割(15年以上)を適用しても、基本的には新料金プランが安くなるようです。つまり、ドコモ回線契約15年未満の方も新料金プランがおトクと言えます。現在データLパックで利用されている場合は状況をみながら検討された方がいいかもしれません。

◆家族で契約の場合

今までドコモでは家族向けプランとして「パケットシェア」がありましたが、新料金プランではシェアプランは消滅し、個々にプランを選ぶ形式に変わります。その代わり、「みんなドコモ割」によって、ドコモ2回線で500円/月3回線以上で1,000円/月1回線ごとに割引されます。
その点を踏まえて、モデルケースとして、3回線利用の家族で契約した場合の1回線あたりの料金(単純に3等分した料金)で比較してみます。

・データ通信少な目のご家族

データ通信を家族で月間10ギガくらい1回線あたり3ギガほど)利用される場合のギガホライトと旧プランの比較

データ通信少な目なご家族は新料金プランが安いようです。 ただし、シェアパックとの比較についてはシェアするドコモ回線数(人数)によって1人当たりの金額も変わるので、注意が必要です。

・データ通信そこそこ利用のご家族

データ通信を家族で月間15ギガくらい1回線あたり5ギガほど)利用される場合のギガホライトと旧プランの比較

データ通信そこそこ利用するご家族も新料金プランが少し安いようです。 こちらもドコモ旧料金プランのシェアパックとの比較についてはシェアする回線数(人数)によって1人当たりの金額も変わるので、注意が必要です。

・データ通信たくさん利用のご家族

データ通信を家族で月間30ギガくらい1回線あたり10ギガほど)利用される場合のギガホと旧プランの比較

データ通信をたくさん利用するご家族(一人当たり10ギガ/月間)なら単純計算で旧プランの方が料金的に安いと考えられますが、こちらもドコモ旧料金プランのシェアパックとの比較についてはシェアする回線数(人数)によって1人当たりの金額も変わるので、注意が必要です。

・データ通信けっこうたくさん利用のご家族

データ通信を家族で月間50ギガ以上1回線あたり16ギガ以上)利用される場合のギガホと旧プランの比較

データ通信をけっこうたくさん利用するご家族(一人当たり16.7ギガ/月間)までなら単純計算で旧プランの方が料金的に安いと考えられます。16.7ギガ以上もっと通信するなら新料金プランのギガホが良いでしょう。

・家族で契約の場合 結論

ひとりで契約の場合と同様に、割引率が一番高い「ずっとドコモ割」(15年以上)を適用しても、新料金プランが安くなるケースが多いようです。、旧プランのシェアプランでシェアする回線数が多い場合はその分、一人当たりの料金は安くなるため、単純計算では比較し難い点があります。新料金プランではギガホ&ギガホライトの組み合わせで個々それぞれにあったプランを適用することでよりおトクになるかもしれません。また、シェアパックで家族内の誰かがドコモ回線のパケットを大量消費することからも解放されますので、見直してみてはいかがでしょうか。

ドコモ新料金プランの総括

ドコモ新料金プランはだいたい少し安くなるシェアパック利用の場合は要注意)、が、「スマホおかえしプログラム」を利用すると端末はドコモへ返却が必要なため、端末はレンタルだと思うべし!ギガホライトを契約する際、毎月のデータ量を見ておかないと、料金ステップが上がり高くなるので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました