IPv6(IPoE)接続対応のドコモ光

光回線を利用しているいけど速度が遅い夜になると遅くなる。原因はルーターにあるのか、それともマンションだから諦めるしかないのか。対策はないのだろうか。
と お悩みの方へ、光回線は光回線でもIPv6(IPoE)接続に対応してますか?

IPv6(IPoE)ってなに?

IPv6(アイピーブイシックス / アイピーブイロク)IPoE(アイピーオーイー)とは、簡単に言ってしまえば、新しい通信ルール(IPv6)新しい通信ルート(IPoE)を利用することで高速に通信できるというものです。現在多くのインターネットサービスはIPv4(PPPoE)接続ですが、新しいIPv6(IPoE)接続に対応したサービスなら、利用者が少ない新しい広い道路で快適にドライブができるのイメージです(あくまでイメージです)

IPv6(IPoE)接続対応サービスにするには?

ではそのIPv6(IPoE)接続に対応するにはどうしたらよいのか。いくつか対応したサービスはありますが、ドコモ光でプロバイダDTIにすることで対応可能です。DTIIPv6(IPoE)接続対応プロバイダです。IPv6(IPoE)接続に対応していないプロバイダは少なくありません。
また、IPv6(IPoE)接続を効果的に利用するにはIPv6(IPoE)接続対応のルーターが必要です。DTIでは、IPv6(IPoE)接続対応の無線ルーターを無料でず~っとレンタルしてくれますので、わざわざ用意する必要がありません。

DTIではさらに15,000の現金キャッシュバックキャンペーンを実施中です。オプション不要ですので安心ですね。
もちろん、ドコモ光公式キャンペーンにも対応していますので、
初期工事費無料&dポイント10,000ptプレゼント も適用されます。

光回線を利用しているにも関わらず、速度が遅いと感じた方はご検討されてみてはいかかでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました