dTVの評判を徹底調査!チャンネル・コンテンツ・料金や視聴方法を解説

手軽に動画視聴を検討されている方、必見です。低価格で手軽に視聴できるdTVについても見てみませんか?

今回はdTVの評判を、チャンネル・コンテンツの充実度・料金・サービス内容などさまざまな面から調査・解説いたします。さらに、各種視聴方法もあわせて解説いたします。

dTVはどんな動画配信サービス?

dTVとはエイベックスとドコモが共同運営をしている動画配信サービスです。運営元はドコモですが、ドコモ契約者以外でも利用できます。ここではまず、dTVの基本情報を確認してみましょう。

月額料金 500円
無料お試し期間 31日間
作品数 見放題 約12万作品
レンタル 約2,000作品
作品ジャンル 音楽・洋画・邦画・アニメ・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流/華流・キッズ・バラエティ・dTVオリジナル作品
同時視聴可能人数 1アカウントにつき1人(台)
利用可能機器 スマホ・パソコン・タブレット・テレビ・セットトップボックス
画質 SD/HD/4K

動画配信サービスは多数ありますが、この表からもわかるようにdTVの月額料金は低価格設定のため、手軽に動画を楽しみたい人も安心ですね。

dTVはコストパフォーマンスを重要視する人におすすめ

dTVは、以下のような人におすすめです。

・コンテンツ内容はほどほどに、料金の安さを求めたい人
dTVはわずか500円/月で約12万作品の動画を楽しめます。
ただし、dTVは海外ドラマや洋画の作品数が少ないため、国内作品を手ごろな料金で楽しみたい人に向いていますよ。
・子どもにアニメを見せたい人
dTVのアニメチャンネルには、「名探偵コナン」「アンパンマン」「ドラえもん」「劇場版プリキュア」など、キッズ向けの作品が多数用意されています。深夜アニメより作品数が多くなっていますので、小さな子どもにアニメを見せたいときに便利です。
・音楽コンテンツをよく視聴する(視聴したい)人
dTVの音楽コンテンツには洋楽や演歌などもありますが、エイベックスと共同運営しているだけあり、エイベックスレーベルのアーティスト作品が多く用意されています。PVやライブ映像だけでなく、カラオケを楽しむこともできるので、音楽好きな人も十分楽しめますよ。
・スマホやタブレットでの視聴がメインの人
dTVはテレビだけでなく、パソコンやスマホ・タブレットでも視聴できます。
画質は標準(SD)と高画質(HD)・4Kから選択できますが、大画面用のHDや4Kで視聴するためには数百円の追加料金が必要です。その点、SDは小さい画面なら十分キレイに映る上、追加料金もかからないので、動画視聴はスマホやタブレットがメインという人も満足できますよ。

dTVに関する口コミ・評判を調査してみた!

実際にdTVを利用している人の口コミから、コンテンツの充実度・料金・その他サービス内容に対する評判を調査してみました。
良い口コミだけでなく悪い口コミも一緒に紹介していますので、dTVの契約を迷っている人は参考にしてみてください。

dTVのチャンネル・コンテンツの充実度に関する口コミ・評判

現在dTVでは、以下ジャンルの動画を配信しています。
洋画・邦画・アニメ・海外ドラマ・国内ドラマ・韓流/華流・キッズ・バラエティ・オリジナル・音楽・レンタル

dTVコンテンツの充実度に関する口コミを調査したところ、「国内作品やキッズアニメは豊富だが最新作は課金が必要だったり海外作品の数が少なかったりする点が残念」という結果となりました。

dTVには現時点でコナンアニメが800話以上配信されているため、名探偵コナンファンの多くがdTVを利用しています。dTVでは初期作品も視聴できるので、コナン好きには嬉しいですね!

さらに、dTVはアンパンマンやドラえもんといったキッズアニメだけでなく、NHKの「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」などの幼児向け作品も豊富に配信されています。24時間いつでも視聴できるので、子どもが「見たい!」といったタイミングで、好きな作品をすぐ見せてあげることができますよ。

dTVは、韓流ドラマや映画などの人気作品も豊富に配信されています。複数話を一気見したい人は、便利な倍速再生を利用してみましょう!

dTVでは2018年8月31日をもってFOXの配信を終了しています。FOXチャンネルを視聴したい人は、別の動画配信サービスを利用してみましょう。

dTVは追加料金のかからない動画を約12万作品配信していますが、洋画や海外ドラマ、国内ドラマの最新話などは追加料金のかかるケースが多いようです。とはいえ、映画なら400~500円、ドラマなら200~300円ほどなので、レンタルショップへ行く手間を考えると割安といえるでしょう。

dTVの外国作品は、作品によって字幕版しかない場合があります。中にはキッズ向けの洋画も字幕対応のみとなっている場合がありますので、注意が必要です。

dTVの料金に関する口コミ・評判

dTVの料金に関する口コミを調査したところ、「月額料金の安さは非常に満足だが、課金作品を多く見ると高くなるので注意が必要」という結果になりました。

豊富な番組が見放題なのにも関わらず、月額500円というのは本当に安いですよね!カラオケ代や映画代を考えても、dTVは500円以上の価値が十分にあるといえるでしょう。

dTVの安さに大満足の方もいらっしゃいます。

他サービスと比較

dTVは他サービスと比較しても以下のように料金が非常に安く設定されているので、本当にお得です。無料期間も31日間と長いので、じっくり試したあとに契約できる点もいいですね!

サービス名 dTV Hulu Netflix FOD U-NEXT
月額料金 500円 933円 800円~1,800円 888円 1,990円
無料期間 31日間 2週間 30日間 1ヶ月間 31日間
有料作品 × ×

dTVは31日間の無料お試し期間だけでも十分楽しむことができます。無料期間が終わると500円の月額料金がかかりますが、レンタルショップで長編ドラマを全話レンタルすることを考えるとdTVのほうが安いですね!

dTVは約12万作品を月額料金内で視聴できますが、人気作品や最新作は1話100~300円程度の追加料金がかかります。よって、有名作品ばかりを視聴していると請求額が高くなってしまうので注意が必要です。

レンタルショップは安いと100円程度の料金でレンタルできるため、作品によってはdTVのほうが高くなってしまうケースがあります。ただし、dTVは自宅にいながら作品を視聴できるというメリットがあるので、近場にショップがない人や、小さなお子さんがいてかんたんに外出できない人などには嬉しいサービスです。

dTVはアニメや少し前の映画などを無料で何万作品も視聴できますが、先述したとおり、話題作を見るためには数百円のレンタル料金が必要です。しかし、レンタル料はdポイントで支払うことができるので、ドコモユーザーならほぼ実費負担なしでレンタルできます!

dTVの その他サービス内容に関する口コミ・評判

dTVのその他サービス(画質や通信状況など)についての口コミも調査したので、いくつかご紹介していきます。

dTVの画質や通信のなめらかさに関しては、利用する方によって感じ方が大きくわかれました。この方はdTVの画質・通信状況のどちらにも満足しているようです。

dTVの通信状況が悪い人は、Wi-Fi環境を見直したり利用場所を変更したりすると、改善する可能性が高くなります。

この方は、残念ながらdTVの画質が悪いと感じてしまったようです。ただしdTVは数百円の課金をすると高画質に変更できますので、あまりにも画質が悪い場合は課金も検討してみましょう。

dTVは基本的に標準画像で配信されているため、テレビやパソコンのような大画面で視聴すると、画質が荒くなってしまいます。dTVの映像をキレイに視聴したいのであれば、スマホやタブレットから利用してみましょう。

dTVはダウンロードをしながら映像を流す「プログレッシブダウンロード方式」を採用しているため、通信状況の悪い場所で利用すると、途中で止まってしまうこともあります。何度も止まってしまう場合は電波のいい場所に移動したりキャッシュを削除したりしてみましょう。

dTVの登録方法

dTVの登録は非常にかんたんなので、以下のフローを参考に手続きを進めてみてください。

1.「dTV公式サイト(https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/p0004001)」にアクセスする
2.「31日間無料おためし」をタップし、dアカウントを発行する
 ※すでにdアカウントをお持ちの方は発行不要
3.契約内容を確認する
4.ドコモ以外の人はクレジットカード情報を入力する

dTVが視聴可能な機器は4つ

dTVは以下の機器で視聴できます。

・スマホ・タブレット
・パソコン
・テレビ

各デバイスでの視聴方法を解説していきます。

スマホ・タブレットでの視聴方法

スマホやタブレットでdTVを視聴する際は、「dTVアプリ」を「App Store」「Google Play」もしくはブラウザからダウンロードしておきます。ダウンロード完了後はログインをし、Wi-Fi環境がある場所でお気に入りの作品を事前にダウンロードしておけば、次回視聴時にデータ通信量を気にすることなくどこでも視聴できますよ。

パソコンでの視聴方法

パソコンでdTVを利用する場合は、「dTV公式サイト」にアクセスし、ログインをするだけで視聴可能となります。

テレビでの視聴方法

テレビでdTVを視聴する際は基本的にWi-Fi環境が必要です。環境さえ整っていれば、以下5つの方法のいずれかで視聴できます。

方法1:dTV対応テレビで見る

dTV対応テレビをお持ちであれば、テレビのリモコン操作でdTVが視聴できます。
SONY「ブラビア」パナソニック「ビエラ」「ディーガ」東芝「レグザ」シャープ「アクオス」日立 「Wooo」FUNAIハイセンス のdTV対応テレビで視聴可能です。

方法2:ドコモテレビターミナルで視聴する

dTVに対応していないテレビの場合、ドコモテレビターミナルという中継器を設置することでもdTVが視聴可能となります。

ドコモが販売しているdTV用チューナーのようなもので、テレビのHDMI端子につないで、リモコン操作で見たいチャンネル、コンテンツを再生視聴します。

dTVターミナルは販売及びサーポートを終了しています。ドコモテレビターミナル、ドコモテレビターミナル02は現在も販売中ですし、機器のスペック(能力)もdTVターミナルよりも上位版となりますので、ターミナルを利用する際はできるだけ新しい端末を用意しましょう。

  dTVターミナル ドコモテレビターミナル ドコモテレビターミナル02
端末  dtvターミナル  ドコモテレビターミナル  ドコモテレビターミナル02
OS AndroidTM 4.2 Android TVTM 8.0 Android TVTM 9
CPU Hi3719C
(デュアルコアCPU 1.5GHz)
Quad Core 1.6GHz BCM72781 クアッドコア
メモリ RAM 1GB/ROM 4GB RAM 3GB/ROM 16GB RAM 3GB/ROM 16GB
LAN 10/100 Base-T 100Base-TX/1000Base-T 100Base-TX/1000Base-T
Wi-Fi IEEE802.11
b/g/n(2.4GHzのみ)
IEEE802.11
ac/a/b/g/n
IEEE802.11
ac/a/b/g/n
外部接続 HDMI
光デジタル音声出力
USB(2.0)、microSD
HDMI2.0a
USB2.0×1ポート
USB3.0×1ポート
HDMI2.0b/HDCP2.2
USB2.0×1ポート
USB3.0×1ポート
サイズ
[高さ×幅×厚さ]
100mm×100mm×22mm 107mm×107mm×25.5mm 135mm×13mm5×30mm
重量 約214g 約209g 約278g

ドコモテレビターミナルを利用したい方は「ドコモオンラインショップ」で購入可能です。

方法3:Fire TV/Fire TV Stickを利用する

amazon fire TV stick でdtvを見る場合

Amazonが販売している「Fire TV」や「Fire TV Stick」をテレビに接続すれば、ネット接続ができないテレビでもdTVアプリをダウンロードし、動画サービスを利用できるようになります。

手順① テレビのHDMI端子にFire TV(または、Fire TV Stick)を接続し初期設定を行います。
手順② Fire TV(または、Fire TV Stick)ホーム画面メニューから
[アプリ]⇒[カテゴリ]⇒[動画・エンターテイメント]を選択。
表示されたアプリ一覧から【dTV】アプリを入手します。
手順③ 入手したアプリを開いてdTVのTOP画面を表示。
メニューの[ログイン]を選択し、ログイン画面でお客様の「dアカウント」と「パスワード」を入力・ログインして設定完了です。
あとはリモコンで見たいコンテンツを選ぶだけです。

ただし、入会や退会手続きはできませんので、事前にオンラインで手続きを済ませておいてください。

方法4:Chromecastを利用する

Chromecastでdtvを見る場合

googleが販売する「Chromecast」も、「Fire TV/TV stick」同様、ネット接続ができないテレビでもdTVが視聴可能になります。
ChromecastでdTVを視聴する方法は次の通りです。

手順① dTVの対応端末(Android™スマートフォン/タブレット/iPhone/iPad)と、テレビのHDMI端子に差し込んだChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続し初期設定を行います。
※初期設定にはGoogle提供の「Chromecast」セットアップアプリが必要です。「Chromecastのデバイスセットアップ」を参照ください。
手順② スマートフォン等で、「dTV」アプリのアイコンからサイトにアクセス。サイト右上に表示される「キャストボタン」を押してChromecastを接続状態にします。
※「dTV」アプリを最新バージョンにアップデートして利用しましょう。「dマーケット」アプリやブラウザからは利用できません。
Chromecastでdtvを見る方法
手順③ あとは見たいコンテンツを選んで再生開始=“キャストする”だけ。
作品をストリーミング視聴中にChromecastに接続することも可能です。再生中の画面右上の「キャストボタン」を押すことでキャスト中にすることができます。

方法5:ケーブルでスマホとテレビを繋ぐ

dTV対応テレビでない場合、スマホにdTVアプリをインストールしHDMIケーブルで両端末を接続し、テレビに映像を出力する方法です。スマホ対応のHDMIケーブルでテレビと接続するだけなので非常に簡単です。

ケーブルでスマホとテレビを繋いでdTVを見る方法

まとめ

dTVは、ドコモユーザーだけでなく誰でも視聴できる動画配信サービスです。
最新作や人気作品は数百円のレンタル料がかかるケースもありますが、レンタル料はdポイントで支払い可能なので、ドコモユーザーなら負担を少なくできます。

月額500円で、約12万本の国内外ドラマ・映画・アニメ・バラエティ・ライブ動画・カラオケなどを楽しむことができます。
コスパも非常に良く、ユーザーからの評価も高いようです。
dTVの契約を検討している人は、31日間の無料お試し期間を利用し、まずは気軽に試してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました