Hulu(フールー)はおすすめ?料金や他サービス比較、メリット・デメリット解説

Huluとは、海外ドラマ作品や日本のバラエティ番組など、50,000の作品を視聴できる動画配信<VOD(ビデオオンデマンド)>サービスです。

料金は月額料金933で、視聴に追加料金がかかることも一切ありません。公開作品は順次入れ替えされているため、毎回新しい作品と出会うことができます。
初めて利用する方には、2週間無料お試し期間があります。期間内で解約をすれば費用がかかることは一切ありませんので、まずは利用してみることをおすすめします。

今回の記事では、そんなHuluの魅力や他社サービスとの違いを、利用者の口コミを交えながらご紹介していきます。

Hulu(フールー)とは?他の動画配信サービスにはないメリット

Huluは、さまざまなジャンルの動画を定額料金で楽しめる、VOD(ビデオオンデマンド)サービスのひとつです。

まずはHuluの基本情報を確認していきましょう。

月額料金 933円
動画本数 約50,000本
無料トライアル期間 2週間
運営会社 HJホールディングス株式会社

Huluを視聴する際には、以下の端末から視聴が可能です。

・テレビ(スマートテレビ、セットトップボックスなど)
・ゲーム機(プレイステーション4、WiiUなど) (Nintendo Switchは非対応
・スマートフォン・タブレット(iPhone、iPad、Android)
・パソコン(Windows、Mac)

VODサービスを選ぶにあたって重要な要素でもある、視聴機能についてもまとめました。

字幕
ダウンロード
倍速再生機能
画質設定
4K画質

字幕は作品やシーズンによって、字幕のみ・吹き替えのみの場合があります。

ダウンロードによるオフライン再生は、スマートフォン・タブレットのアプリからの視聴に限り利用可能です。こちらも一部作品に対してのみ対応しているため、すべての動画をダウンロードできるわけではありません。

Huluの画質は「低」「中」「高」「最高」の4段階にわかれており、最高画質はフルHD(Blu-ray)と同等の品質です。また、利用中の通信環境に合わせて画質を自動で切り替える「推奨」モードも備えています。

4K画質には非対応で、今後の対応も未定となっています。しかし、4K画質で動画を視聴するためには、テレビやモニターなど再生機器も4K対応のものを用意しなくてはなりません。

海外ドラマが充実している

Huluは「24」「プリズンブレイク」「ウォーキングデッド」といった海外ドラマ人気シリーズも見放題

Huluの強みのひとつに、「海外ドラマのラインナップの豊富さ」があります。「ウォーキング・デッド」や「ゲーム・オブ・スローンズ」などの話題作シリーズはもちろん、「SUITS」「LOST」「24」「プリズンブレイク」「Xファイル」「デスパレートな妻たち」と言った人気シリーズも豊富です。また「Huluプレミア」と題し、日本初上陸作品を集めたラインも用意されています。話題作だけでは物足りない海外ドラマファンには、うってつけといえるでしょう。以下は、現在そのHuluプレミアとして公開されている作品の一例です。

国内タイトルも強い

Huluは日本メディアの資本も入っているため、国内ドラマやアニメも豊富!

Huluはアメリカが本拠地ですが、日本での提供はHuluとライセンス契約している日本テレビ放送網株式会社の子会社である、「HJホールディングス株式会社」が行っています。 HJホールディングス株式会社の主要株主は日本テレビ以外にもヤフー、東宝、読売テレビ、中京テレビが資本参加しています。それゆえに国内タイトルも充実しています。

・カメラを止めるな! ・おっさんずラブ
・東京喰種 トーキョーグール ・3年A組
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけないシリーズ
・デスノート ・東野・岡村の旅猿
・名探偵コナン ・ルパン三世 
・それいけ! アンパンマン ・銀魂
・進撃の巨人 ・涼宮ハルヒの憂鬱
・ジョジョの奇妙な冒険 ・鋼の錬金術師
・ソードアート・オンライン など

配信タイトルの入れ替えが多いため飽きない

約50,000本というHuluの動画総数は、数あるVODサービスの中でも特別多い方だとはいえません。しかし、Huluは頻繁に配信タイトルを入れ替えているため、常に新しい作品との出会いがあり、見るものがなくなってしまうということはありません。

また、Huluでは、現在放送中、または過去に放送されたテレビドラマやバラエティ、アニメの過去放送エピソードを「見逃し配信」として配信しています。早いものでは放送終了直後から配信されるものもあるため、通常放送の録画の手間が省けるのもメリットです。

意外と少ない「完全見放題」サービスのうちの一つ

すべてのタイトル、すべてのエピソードが追加料金なし完全見放題で視聴できるのは、「Hulu」と「Netflix」のふたつのみです。

その他のVODサービスは旧作品やシリーズの前半部分のみを月額料金内での視聴範囲とし、最新タイトルや最新エピソードにはひとつずつが課金購入となる「PPV(ペイパービュー)方式」をとっているものがほとんどです。
そのため、他社サービスでは、見たい番組によっては月額料金以上の支払いが必要となることがあります。

しかしHuluの場合は、月額933円から支払い料金が変動することはありません。

Hulu(フールー)と他の動画配信サービス比較

ここでは、Huluと他社VODサービスの比較をしていきます。

  Hulu Netflix Amazon
プライムビデオ
dTV U-NEXT
動画配信数 約50,000本 非公開 約25,000本 約120,000本 約140,000本
月額料金 933円 ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円
500円 500円 1,990円
無料トライアル期間 2週間 30日間 30日間 31日間 31日間

Huluの月額料金はやや高いように見えますが、NetflixでいうとHD画質が選択できるのは月額1,200円のスタンダードプランからであるため、特別高いということはありません。料金や動画本数でみるとdTVが先んじている印象ですが、dTVは国内コンテンツに関してのラインナップに強く、海外ドラマには弱い傾向があるため、利用者の趣向によって選択が変わってきます。

Hulu(フールー)のデメリット 他の動画配信サービスにはあるのに…

Huluと他社のVODサービスと比較したときに、Huluには足りない部分も確かに存在します。利用者によっては問題にならないケースもありうるため、デメリットを事前に把握しておくことも選択において重要です。

最新の映画作品は配信していない

Huluは月額933円の低料金を維持するためか、最新の映画作品の配信はほとんどありません。邦画・洋画問わず、ラインナップには名作と呼ばれる旧作品や、話題がいったんおさまった準新作といえるものが並んでいます。

他社VODサービスの中で最新映画に強いといえば「U-NEXT」の名前が上がります。しかし、U-NEXTの場合、最新映画の視聴にはポイントでの購入が必要です。
このポイントは、有料購入または毎月の無料プレゼントで手に入れることができます。つまり他社サービスでは、最新映画の視聴には別途課金が前提となっているため、一概にHuluのみが遅れているということではありません。

倍速機能がない

Huluには倍速再生機能がありません。短時間でたくさんの動画を視聴したい場合には物足りない仕様だといえるでしょう。倍速機能を全く使用しない方もいるため、VODサービス選択するにあたって、要・不要が大きく二分される条件です。

4K画質に対応していない

Huluの画質は、「低」「中」「高」「最高」と4段階にわかれており、最高画質はフルHD(Blu-ray)相当の品質であるため、より美麗な4K画質での動画視聴はできません。

しかし、4K画質で視聴するためには4K対応のテレビモニターや、大量のデータ通信に耐えうる安定した光回線など、4K用の視聴条件を整えなくてはなりません。
そのため、利用環境によっては4K対応がメリットにならないケースもあります。4K対応動画を配信しているVODサービスの代表に「Netflix」がありますが、4K視聴のためには月額1,800円の「プレミアムプラン」に加入する必要があります。

同時視聴ができない

Huluでは、ひとつのアカウントで複数端末での同時視聴ができません。別の端末が動画を再生中の場合、後から操作した端末は再生不可となってしまいます。

ひとり暮らしなど利用者が限定される環境であれば問題ありませんが、家族などでアカウントを共有する場合には不便が生じる恐れがあります。

Hulu(フールー)の満足度は?気になる評判・口コミをチェック

実際にHuluを利用している方の口コミを、Twitterで「Hulu」と検索した中から紹介していきます。配信タイトルや料金面だけではなく、サービス自体の使い勝手に関しても注目です。

Huluの良い評判

まずは、よい評判をご紹介します。

ドラマのラインナップが幅広い特徴があります。国内ドラマと海外ドラマのどちらも好きな方にはとてもおすすめです。

ドラマを一度にまとめて視聴する方には、自動で次のエピソードが再生される機能が大変便利です。

レンタルビデオショプと比較すると、料金のメリットは特に大きいと感じるようです。貸出中や、返却の手間もかからない点もポイントです。

Huluの悪い評判

続いて、悪い評判をご紹介します。

やはり映画のラインナップに対しては、厳しいコメントがありました。話題になるような最新作は、Huluではほとんど見当たりません。

動画の音声だけを視聴する使い方は、Huluではできないようです。

VODサービスの中には、動画視聴以外のサービスとセットにされているものもあります。比べるサービスによっては、「動画視聴しかできない」のがマイナスポイントとなってしまうこともあります。

Huluの申込方法

Huluの申込方法はいたって簡単です。

2週間お試しキャンペーン用リンクから申込ボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。

Huluは携帯キャリアとの合算支払いが可能なので非常に便利

メールアドレスやパスワード、名前と生年月日、支払方法を選択すれば完了です。

支払い方法

Huluの支払い方法は下記より選択可能です。
携帯キャリア決済にも対応しています。携帯料金に合算できるため非常に便利ですね。

クレジットカード
ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
Huluチケット
iTunes Store 決済(Apple TV、iPhone、iPadのHuluアプリから登録した方)
PayPal
Yahoo!ウォレット
Amazonアプリ内決済
mineoオプショナルサービス
BB.exciteオプショナルサービス

Huluの解約方法は?

Huluを契約後、不要になり解約したい場合はどうしたらよいのでしょうか?

Huluは様々な支払い方法に対応してるため、その支払い方法によって解約手順が異なります。
「解約方法」 から各支払い方法ごとの解約手順が記されていますので参考にしましょう。

まとめ

Huluは、HJホールディングス株式会社が運営するVOD(動画配信)サービスです。

常時約50,000本の動画を、追加料金なしの月額933円で楽しむことができます。パソコンやスマートフォンなどさまざまな端末から再生できるため、家でも外出先でも動画の視聴が可能です。

Huluのメリットをまとめると以下のようになります。

・料金体系がシンプルで追加費用がない
・海外ドラマのラインナップが豊富
・配信作品の入れ替わりが多い
・日本のバラエティ・ドラマなどの最新エピソードがすぐに見られる

次に、デメリットをまとめると以下のようになります。

・最新の映画作品がほとんどない
・倍速再生ができない
・4K画質に非対応
・複数端末での同時視聴ができない

Huluでは、2週間の無料お試し期間を設けています。
Huluとの契約を検討している方は、実際に利用してみて判断をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました