iPhone13、Apple Watch Series 7、iPad mini 価格は?新機能?サイズは?デザインは?発売日は?まとめて解説!

Appleは、日本時間2021年9月14日午前2時より新型iPhone「iPhone13」などを発表いたしました。注目の価格や、新機能、サイズ、デザインはどうか?解説いたします。

iPhone13

2021年度版iPhoneは、4タイプ

iPhone13、iPhone13 mini、iPhone13 MAX、iPhone13 Pro Max の4タイプです。

違いとしては名前の通りサイズですが、スペック概要は以下の通りで、外観はiPhone12と大きく変わっていません。

※本体画像は表示環境などにより対比が異なって見える場合がございます。

区分 iPhone13シリーズ iPhone13 Proシリーズ
モデル

iPhone13 mini iPhone13 iPhone13 Pro iPhone13 ProMax
カラー

(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク

グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー


チップ A15 Bionicチップ
  • 6コアCPU
  • 4コアGPU
  • 16コアNeural Engine
A15 Bionicチップ
  • 6コアCPU
  • 5コアGPU
  • 16コアNeural Engine
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート
オールスクリーンOLEDディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
解像度 2,340 x 1,080ピクセル 2,532 x 1,170ピクセル 2,532 x 1,170ピクセル 2,778 x 1,284ピクセル
476ppi 460ppi 460ppi 458ppi
サイズ(幅) 64.2 mm 71.5 mm 71.5 mm 78.1 mm
サイズ(高さ) 131.5 mm 146.7 mm 146.7 mm 160.8 mm
サイズ(厚さ) 7.65 mm 7.65 mm 7.65 mm 7.65 mm
重量 140 g 173 g 203 g 238 g
筐体(前面) Ceramic Shield
筐体
(背面・周り)
ガラスの背面、アルミニウムを持ったデザイン テクスチャードマットガラスの背面、ステンレススチールを持ったデザイン
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

横幅、高さはiPhone12の時とそれぞれ全く同じで、それぞれ厚みが0.25mm分厚くなり若干重くなりました。

iPhone13とiPhone13Proの大きな違いは?

iPhone13シリーズとiPhone13Proシリーズの大きな違いはディスプレイとカメラにあります。

ディスプレイに関しては前述のスペック表にあるように、iPhone13Pro及び、iPhone13ProMaxは最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートで、画面表示がとても滑らかです。

インターネットを見るときの画面スクロールや、ゲーム、動画などで効果を発揮します。

そしてカメラ部分です。iPhone12シリーズ同様にiPhone13mini、iPhone13はデュアルカメラ(超広角、広角カメラ)で、ProシリーズのiPhone13Pro、iPhone13ProMaxは(超広角、広角、望遠カメラ)という構成になっています。

iPhone13mini、iPhone13では「センサーシフト光学式手ぶれ補正」されProシリーズ同様に手ぶれ補正が強化されています。

iPhone13Pro、iPhone13ProMaxは今回マクロ撮影が可能となりました。花や、葉っぱの細かい部分など小さな物も撮影が可能となります。

iPhone13シリーズ、iPhone13Proシリーズともに、ビデオ撮影においてシネマティックモードが追加されました。まるで映画撮影のように、ピントを合わせたりぼかしたりできる為、今までにない動画撮影を楽しむことができます。

カメラ部分での主となる比較はこちらです。

iPhone13シリーズ iPhone13 Proシリーズ
iPhone13 mini iPhone13 iPhone13 Pro iPhone13 ProMax
5枚構成のレンズ(超広角)、7枚構成のレンズ(広角) 6枚構成のレンズ(望遠、超広角)、7枚構成のレンズ(広角)
デュアル12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ Pro 12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角 超広角:ƒ/1.8絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.6絞り値 広角:ƒ/1.5絞り値
望遠:ƒ/2.8絞り値
2倍の光学ズームアウト 3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大5倍のデジタルズーム 最大15倍のデジタルズーム
デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角) センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps) ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)

iPhone12の時には、カメラ性能はiPhone12ProMaxが最強の盛り盛り設計でしたが、今回のiPhone13ではiPhone13ProとiPhone13ProMaxのカメラ性能は同等となっていますので、画面サイズで選ぶといった感じでしょうか。

iPhone13の料金はいくら?発売日は?

Appleの最新技術を搭載した新型iPhone13。外観はさほど変わってはいませんが、処理能力やディスプレイ、カメラ性能や機能がパワーアップしています。気になる端末価格はいくらでしょうか?そしていつから購入できるのでしょうか?

区分 iPhone13シリーズ iPhone13 Proシリーズ
モデル

iPhone13 mini iPhone13 iPhone13 Pro iPhone13 ProMax
価格
(税込)
128GB
86,800

256GB
98,800

512GB
122,800
128GB
98,800

256GB
110,800

512GB
134,800
128GB
122,800

256GB
134,800

512GB
158,800
128GB
134,800

256GB
146,800

512GB
170,800
 

1TB
182,800
1TB
194,800
予約受付開始 917日午後9 917日午後9 917日午後9 917日午後9
販売開始 924日発売 924日発売 924日発売 924日発売

昨年iPhone12では64GBモデルが94,380円で、iPhone12miniの64GBモデルが82,280円で発売されました。iPhone13では最低容量が128GBからと増量され、能力もアップしてiPhone13の128GBモデルが98,800円、iPhone13miniの128GBモデルが86,800円ですからコスパは良くなったと言えますね。

また、iPhone13Pro、iPhone13ProMaxにはついに1TBモデルがでました。カメラ性能が向上した分、高画質な写真や、4K動画の撮影など保存するデータも大きくなるため、大容量ストレージはありがたいですね。ただその分価格もすごいです。

 

Apple Watch Series 7

今回、iPhone13と同じく発表されたApple Watch Series 7(アップルウォッチシリーズ7)。

こちらも前製品のApple Watch Series 6と比較してバージョンアップしています。

画面サイズが大きくなった

Apple Watch本体のサイズをほとんど変えずに、ディスプレイだけ大きくなりました。

設計を一から見直し、縁の部分を40%削減。スクリーンの領域をSeries 6から約20%、Series 3から50%以上も拡大されています。

本体サイズ並みに画面が広がっているため、表示も見やすく、画面操作もしやすくなりました。

常時表示Retinaディスプレイが、より明るく光る

Apple Watch は外で利用するシーンが多いと思いますが、屋外などでは光の加減で画面が見づらい事があります。今回の Apple Watch Series 7 ではその点も改良されています。

ディスプレイが常に表示されている為、文字盤の時刻、情報を確認する際に、毎回手首を上げたり画面をタッチする必要はありません。

しかも手首を下げている時でも、屋内で70%以上も明るく見えるようになりました。

ディスプレイエッジも改良

Apple Watch Series 7 ではディスプレイのエッジも工夫が施されています。

ディスプレイのエッジに当たる光が屈折して、わずかに包み込むような印象が生まれることで、ケースとシームレスにつながるデザインにされています。

ディスプレイ画面の強度もアップ

Apple Watch Series 7 では ディスプレイ画面強度も強化されています。

前面クリスタルは、最も厚い部分でApple Watch Series 6の2倍以上。強度と耐久性が一段と向上させれています。

耐亀裂性能は、Apple Watch史上、最も強い前面クリスタル

防塵性能は、IP6X等級

耐水性能は、WR50の泳げる耐水性能

バッテリーまわりをフルモデルチェンジ

Apple Watch Series 7は、充電システムをすべて作り直しされています。

新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルは、約45分でバッテリーを0から80%まで充電できます。

Apple Watch Series 6より最大33%速く充電できます。

また、8分間の充電で8時間の睡眠を記録することも可能とのこと。

ウエルネス、フィットネスといった体調管理に最適

Apple Watch Series 7のセンサーとアプリが、気になる時にあなたの体に取り込まれた酸素のレベルをチェックできます。

1日を通してバックグラウンドで測定を続けることもできます。

いつでもどこでも心電図を記録する。心拍数を確認する。マインドフルネスや睡眠記録といった機能で、全身の健康をキープするなど、健康についての情報を手首の上で簡単に見られます。

ただし、この機能は、医療での使用や医師との相談または診断を目的としたものではなく、一般的なウェルネスとフィットネスのためだけにとどめておきましょう。

Apple Watch Series 7 の発売日はいつ?

Apple Watch Series 7 の発売日は2021年秋 とだけで明確な発売日は発表されていません。こちらは続報を待ちましょう。

今年はiPhoneとApple Watchだけでなく、iPadの新製品も発表されました。

iPad mini

iPadの中で一番サイズが小さいモデルですが、今回デザインが変更され、iPadAir、iPadPro同様のエッジのあるデザインとなります。また、ホームボタンがなくなりました。

miniでもハイスペック6コアCPU

iPad miniということでスペックはやや抑え気味かと思いきや。盛り盛りでした。

CPUは新型iPhone、iPhone13と同じA15Bionicチップを搭載しています。ゲームアプリや、Photoshopで写真を編集することもできます。また、GPUに関しては、iPhone13Pro同様に5コア搭載です。

ホームボタン消滅

新型iPad miniは現在販売されているiPadAirやiPadPro同様にホームボタンが削除されました。個人認証に利用するTouchIDはトップボタンに内蔵されることに。

トップボタンに内蔵されたTouch ID。すばやく簡単に、そして安全に認証できます。iPad miniのロック解除も、クイックで安全な支払いも、あなたの指紋

Apple Pencil(第2世代)に対応

新型iPad miniでは、Apple Pencil(第2世代)に対応。iPad miniの側面にマグネットで取りつけられるので、いつでも使いたい時にすぐ使えます。

Wi-Fi 6&5G通信に対応

iPad miniはWi-Fi6(IEEE82.11ax)に対応するため宅内のWi-Fi環境かで快適に利用ができます(※宅内のWi-FiルーターがWi-Fi6に対応している必要あり)

また、セルラーモデルでは5G通信に対応しているため、大手通信キャリアの5G提供エリア内なら高速通信で接続も可能となります。

インカメラは超広角の122°視野角

ビデオ通話する際や、自撮りする際、カメラ位置が気になりますが、iPad miniではセンターフレーム機能に、よりあなたが動き回ると、フレームの中心から外れないようにカメラが自動でパンを調整。ほかの人がビデオ通話に出入りすると、そのタイミングに合わせて拡大または縮小します。

ステレオスピーカーにUSB-C対応

また、iPad miniは横置きにした際、両サイドにスピーカーが内蔵されている為、迫力のある音声を楽しめます。

接続コネクタはiPadAir、iPadPro同様にUSB-C対応となりました。

iPad miniのスペック

iPad mini
カラー スペースグレイ、ピンク、パープル、スターライト
チップ A15 Bionicチップ
  • 6コアCPU
  • 5コアGPU
  • 16コアNeural Engine
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
ディスプレイサイズ 8.3インチ
解像度 2,266 x 1,488ピクセル解像度、326ppi
サイズ(幅) 134.8 mm
サイズ(高さ) 159.4 mm
サイズ(厚さ) 6.3 mm
重量 Wi-Fiモデル 293g
Wi-Fi + Cellularモデル 297g
防沫性能、耐水性能、防塵性能 なし
タイトルとURLをコピーしました