プロバイダとしてのビッグローブ(BIGLOBE)の評判は?サポートなどの安定感が魅力!

ビッグローブ(BIGLOBE)は、業界第4位の大手老舗プロバイダ事業者です。
プロバイダ事業者としての歴史は長く、今では固定回線以外に、モバイルルーターや格安SIMなどにも提供の幅を広げています。

そもそもプロバイダとは、光回線などを通して送られる通信信号を、インターネットに仲介・接続するインターネット接続事業のことを指します。

今回は、そんなビッグローブの特徴・メリット・注意点などを、実際のユーザーの口コミも交えながら紹介していきます。

■光回線のプロバイダとしてのビッグローブ(BIGLOBE)

ビッグローブはもともと、1996年からNEC(日本電気)が運営していたプロバイダ事業を前身としており、その後独立。2016年からKDDIグループの完全子会社となる、という長い歴史があります。

現在プロバイダにビッグローブを選択できる回線は、以下のものがあります。

・ビッグローブ光
・フレッツ光
・auひかり
・ドコモ光
・eo光
・WiMAX
・ビッグローブモバイル

-プロバイダとしてのビッグローブのメリットは?

ビッグローブには、大手プロバイダ事業者ならではのメリットがあります。長くプロバイダ事業を営んでいるため、NTTなどとの結びつきも強く、プロバイダによるサポート体制も充実しています。

・「BIGLOBE光パック Neo with フレッツ」で回線料金とプロバイダ料金が一緒にできる

通常フレッツ光を契約する場合、プロバイダ事業者とは別で申し込み手続きをする必要があります。しかし、プロバイダをビッグローブにする場合、ビッグローブからフレッツ光の申し込みを同時に行うことが可能です。この契約形態を、特別に「BIGLOBE光パック Neo with フレッツ」と呼びます。

BIGLOBE光パック Neo with フレッツでは、回線料金とプロバイダ料金合算され、ビッグローブからとなるため、支払いの管理が行いやすくなります。これは、ビッグローブが長年、フレッツのプロバイダとしてのパートナーシップを育んできたがゆえのメリットです。

フレッツ光の回線料金とプロバイダの料金がひとつになるというと、各事業者が独自に提供する光コラボレーションが連想されます。しかし、このBIGLOBE光パック NEO with フレッツでは、あくまで回線はNTTプロバイダはビッグローブとわかれているため、今後プロバイダを変更できるという違いがあります。サービス主体はNTTのフレッツ光であるため、NTTフレッツ光向けキャンペーンを利用することが可能です。

・にねん割…24ヶ月間の月額料金割引。回線契約に2年自動更新が設定される。(NTT東日本)
・ギガ推し!割引…にねん割加入者に対しての30ヶ月間の月額料金割引。
・光はじめ割…24ヶ月間の月額料金割引。回線契約に2年自動更新が設定される。(NTT西日本)
・ファミリーおとく割…ビッグローブ公式からフレッツ光を申し込んだ方対象の月額料金割引。
・月額料金値引き特典…BIGLOBE光パックNeo with フレッツ申し込み者限定の月額料金割引。

・サポートサービスが充実している

プロバイダには、回線トラブルが起こった際の一次問い合わせ窓口としての側面もあります。
そのため、各プロバイダはそれぞれ訪問サポートやお助けサポートなど、技術面でのサポートやオプションを用意しています。ビッグローブは長年の営業経験から、大量の知識・ノウハウを持っているため、大変質の良いテクニカルサポートを用意していると定評があります。

■プロバイダのビッグローブの回線速度に関する評判をチェック!

インターネットの回線速度には、回線事業者だけではなく、プロバイダがどこであるかも大きく関わっています。実際の速度は利用を開始してみないとわからないものですが、利用者の口コミは検討するにあたって大変参考になる情報です。

-プロバイダ「ビッグローブ」の良い評判

Twitterでは、良い評判は以下のようなものがありました。

上り下りともに高数値です。回線が速度・安定性ともに評判のauひかりであることも関係しているかもしれません。

他社と具体的に比べた際の結果を掲載されています。下り速度の数値に目が行きますが、上り速度が実用範囲まで回復している点に特に注目です。

-プロバイダ「ビッグローブ」の悪い評判

一方、悪い評判としては、以下のような口コミがありました。

時間帯での速度の差に言及されています。プロバイダによる速度の低下は、同時接続者数が多いことに原因していますので、プロバイダ変更で改善するかどうかは変更してみなければわからない、といわざるを得ません。

■他のプロバイダに比べてどうお得?ビッグローブと他プロバイダ比較(フレッツ光の場合)

プロバイダ事業者は数え切れないほど多数存在しており、金額やサービスなどもさまざまです。ここでは、サービスを全国提供している大手プロバイダ4社と、ビッグローブの料金を比較していきます。

  ビッグローブ OCN Yahoo!BB So-net GMO
とくとくBB
ファミリータイプ 1,200円 1,100円 1,200円 1,200円 760円
マンションタイプ 900円 900円 950円 900円 530円
キャンペーン 月額料金値引き特典 なし 初月無料 なし 12ヶ月無料

料金・キャンペーンともに、GMOとくとくBBが頭ひとつ抜きん出ている印象です。しかし、前項口コミのような速度面も考慮する必要があります。

■ビッグローブが提供しているビッグローブ光とフレッツ光+ビッグローブは別!違いについて

ビッグローブは、自社の光サービスとして「ビッグローブ光」を提供しています。これは光コラボレーションモデル(光コラボ)と言われるもので、回線はNTT東日本/西日本からフレッツ光回線を借りて自社のサービスとして提供するものです。そのため、回線品質はフレッツ光と同様で、最大速度は上り下りともに最大1Gbpsです。

先述の「BIGLOBE光パック NEO with フレッツ」と回線・プロバイダの組み合わせは同じですが、ビッグローブ光の場合、回線契約自体もビッグローブとの契約、という扱いになります。

  ビッグローブ光 フレッツ光+ビッグローブ
東日本 西日本
戸建て マンション 戸建て マンション 戸建て マンション
月額基本料金 4,980円 3,980円 フレッツ光
5,300円
フレッツ光
3,550円〜4,300円
フレッツ光
4,900円
フレッツ光
3,300円〜4,200円
ビッグローブ
1,200円
ビッグローブ
900円
ビッグローブ
1,200円
ビッグローブ
900円
初期工事費用 30,000円(実質無料) 27,000円(実質無料) 18,000円 15,000円 18,000円 15,000円
契約事務手数料 3,000円 800円 800円
契約年数 3年自動更新 フレッツ光:2年自動更新
ビッグローブ:2年間
フレッツ光:2年自動更新
ビッグローブ:2年間
解約違約金 20,000円 フレッツ光
9,500円
フレッツ光
1,500円
フレッツ光
10,000円
フレッツ光
7,000円
ビッグローブ
5,000円
ビッグローブ
5,000円

-フレッツ光+ビッグローブからビッグローブ光に乗り換える際の「転用」とは?

ビッグローブ光を申し込む方法に、「新規契約」と「転用」の2種類があります。

新規契約は、新たにビッグローブ光に加入をすることを指しますが、転用とは現在フレッツ光の回線契約をしている方がその契約をビッグローブ光に切り替えることを指します。

転用の場合、新たに導入工事をする必要がないため、工事費用はかかりません。さらに、フレッツ光の解約違約金も免除されるなど、導入へのハードルが低いことが特徴です。

しかし、契約中のプロバイダがビッグローブでない場合、最終的にそのプロバイダは解約する必要があり、タイミングによってはプロバイダの解約費用が発生する可能性があります。

2019年7月1日から、光コラボ回線からもビッグローブ光に転用することが可能になりました。こちらも工事費用に対しては免除となりますが、転用前の回線契約によっては解約違約金が発生することがあります。

-フレッツ光+ビッグローブからビッグローブ光に乗り換える注意点

ビッグローブ光に契約を乗り換えると、利用できるプロバイダは以降ビッグローブのみとなります。そのため、今までフレッツ光+ビッグローブで利用していた状況とは違い、以降プロバイダの変更ができなくなってしまいます。

また、転用では開通工事費用が新たに発生することはありませんが、フレッツ光での工事費用残債がある場合、それらの支払い義務は残ります。

■まとめ

ビッグローブは、インターネット接続仲介業者である「プロバイダ」の、業界第4位の大手事業者です。

ビッグローブをプロバイダに使用できる回線契約は、「フレッツ光」「auひかり」「ドコモ光」「eo光」「WiMAX」「ビッグローブ光」「ビッグローブモバイル」など様々なサービスに対応しています。

歴史ある大手プロバイダであるため、テクニカルサポートや顧客対応にもノウハウがあり、安心して利用できることが特徴です。

ビッグローブ自身が提供する光回線の「ビッグローブ光」へは、新規契約の他、フレッツ光回線や他社光コラボ回線からの転用が可能です。転用の場合、開通工事費や解約違約金などが免除されることもあり、費用の負担を最小限にビッグローブへ乗り換えることが可能です。

「ビッグローブ光」キャンペーンサイトより申し込めば、おトクに契約できます!

ただし、ビッグローブ光の契約ではプロバイダはビッグローブに限定されるため、今後プロバイダの変更ができなくなる点に注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました