テレビアンテナなしで視聴するには?ケーブルテレビと光回線どっちがいい?

戸建にお住まいの場合、テレビはアンテナをたてて、テレビに繋いで視聴する方法がありますが、最近は外観や天候に左右されないという点を重視して、アンテナをたてないで視聴される方も多いようです。その方法は主に「ケーブルテレビ」と「光回線」にわかれますが、今回はそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

利用のポイントとおすすめの回線をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

インターネット事業者でテレビを契約するメリット・デメリット

ネット回線を使ったテレビの視聴は、チャンネルが豊富でアンテナが不要などのメリットがありますが、申し込みの際に注意すべき点もあります。

テレビを光回線・ケーブルテレビで視聴するメリット

アンテナが不要

通常のテレビの視聴は、屋上や壁などにアンテナを設置して利用しますが、光回線ならアンテナは不要です。インターネットの回線を通じてテレビ放送を見ることができるため、天候に左右されることもすくなく、台風でアンテナが折れるといった故障の心配もありません外観を損ねることもありません。最初にネット回線の開通工事を行い、利用するプランに申し込めば、それだけでテレビの視聴ができるようになります。

初期費用が少なく、料金請求もシンプルになる

光回線の開通費用は、アンテナの設置工事よりもお得です。アンテナの設置に平均5万円~10万円かかるのに対し、光回線の開通費用は申込サービスなどにもよりますが3万円~5万円前後と、お得になっています。さらにキャンペーンで割引や還元の特典が用意されているところもあるので実質的に負担を軽減できます。

また、アンテナを設置して地デジ、BS(WOWOWなど)、CS(スカパー!)など視聴している場合、インターネット料金、固定電話料金、WOWOW料金、スカパー!料金など別々に請求されますが、光回線ならネットの利用料金にまとめることができるため、料金請求がシンプルになります。

多彩なチャンネルを楽しめる

光回線でテレビを見るメリットは、なんといってもチャンネル数が多いことです。
通常のテレビでは、限られたチャンネルしか見ることができませんが、光回線で契約すれば、地デジ・BSのほかCS放送のような専門チャンネルを視聴することもでき、その数は約40チャンネル以上もあります。地域や契約サービス・プランによりますが、地デジで約7チャンネル、BSで12チャンネル+有料18チャンネル、CSで約150チャンネルとさまざまなジャンルを見たい方にはもちろん、ひとつのジャンルをじっくり見たい方にも、光回線でのテレビ契約はおすすめです。

テレビを光回線・ケーブルテレビで視聴するデメリット

長期利用だとアンテナ設置より割高

メリットの多い光回線ではありますが、デメリットとしては、長期利用で見た場合、その分月額料金を支払う為、地デジのみ視聴という場合は高くなってしまうことです。

アンテナ設置の場合、有料チャンネルの契約をしない限りテレビに関して月額料金はかかりませんが、割高な工事費用が最初にかかります。初期はアンテナ設置での利用に比べて料金の安い光回線ですが、利用を続けているうちに、アンテナ設置の場合の工事費用を上回ってしまいます。そうなると、光回線のほうが固定で費用が出る分、アンテナ設置より月額の料金が割高となってしまいます。

テレビ単体では申し込めない場合も

光回線でのテレビサービスはテレビ単体ではお申込できない場合があります。申込サービスにもよりますが、ネットの利用が必須となるため、インターネット料金+テレビサービス料金がかかってしまいます。普段自宅でもあまりネットを利用しない方は、光回線のテレビサービスを申し込むと、月額料金が割高になってしまいます。ただ、インターネットをWi-Fi(無線)化させて、宅内でのスマホ利用は全てWi-Fi経由にすることで、スマホ料金を下げることもできるので上手に利用するとおトクになります。

マンションでは申し込めない場合が多い

集合住宅では、光回線でのテレビサービスを申し込めない場合が多いです。集合住宅にNTT光回線か、auひかりのマンションタイプが導入されている場合NTTはひかりTVauひかりはauひかりテレビサービスが契約可能です。

フレッツテレビは基本的に戸建向けサービスのため、一部のフレッツテレビ対応マンションを除き、集合住宅での契約はできません。どうしても、集合住宅でフレッツテレビを契約したい場合、ファミリータイプとして光回線を個別に引き込めば可能となりますが、個別に引く場合、物件オーナーや管理会社に開通工事をする承諾が必要です。もし、同意してもらえない場合は申し込みができません。現在マンションにお住まいの方は、ぜひ一度相談してみましょう。

見たいチャンネルやネットのインターネットサービスの内容で選ぼう

光回線を選ぶ際には、どの項目を重視するかで選び方が変わります。テレビサービスを重視する場合は、チャンネル数が大事です。ネット利用を重視する場合は、通信速度が重要です。

テレビサービス重視なのにチャンネル数が少ないと、せっかく契約しても楽しむことができません。逆にネット利用重視の場合、通信速度が遅いと、契約しても普段の利用に支障がでてしまいます。そのため、どの項目を重視するのかによって、利用するサービスを選びましょう。

チャンネル数重視の人は「ケーブルテレビ」

チャンネル重視の方は、ケーブルテレビがおすすめです。ケーブルテレビは、有線で回線をつなぐことによって、電波の届きづらい場所でもテレビを視聴できるサービスです。また、テレビプランを契約すれば、BS/CS放送を視聴もできます。ケーブルテレビは、視聴できるチャンネル数が多いことが魅力ですが、ネットの通信速度は光回線に比べて遅いです。ネットも一緒に利用したい方には、後述の「光回線」をおすすめします。

インターネットの通信品質も重視したい人は「光回線」

通信品質重視の方は、光回線での利用をおすすめします。光回線で利用できるテレビサービスは、主に、「フレッツ・テレビ」「ひかりTV」などがあります。それぞれ、地デジ・BS・CS放送があります。チャンネル数にも違いはありますが、どのプランを選ぶかによっても見られる範囲が変わります。

低料金で専門チャンネルを視聴したい方には「フレッツ・テレビ」がおすすめで、手軽にさまざまなチャンネルを見たいという方には「ひかりTV」をおすすめします。

「auひかりテレビ」や「地方電力系回線のテレビ」という選択肢も

auひかり」では、オプションサービスで「auひかりテレビ」があります。テレビだけでなく、スマホなどでもテレビサービスの視聴ができるのですが、地デジ放送は見ることができません。自宅で地デジ放送などを見るためには、別途アンテナの設置が必要です。しかし、月額料金は専用チューナーレンタル代の500円/月とプラン料金643円/月~と安めの設定となっており、選ぶプランによってはより安く利用できます。

〈auひかりテレビプラン表〉

プラン名 プラチナ
セレクトパック
ミュージック
セレクトパック
プレミアム
チャンネル
ビデオパス
チャンネル 全42チャンネル 全4チャンネル 1チャンネルから選べる/全5チャンネル ビデオを1本からネット上でレンタル/返却・延滞・貸出中なし
月額料金 月額1,980円 月額634円 月額1,000~2,300円 月額562円

「地方電力系回線のテレビ」というのは、電力会社の系列会社で提供している光回線サービスのことです。

・中部電力系・・・コミュファ光
・関西電力系・・・eo光
・中国電力系・・・MEGA EGG
・四国電力系・・・Pikara
・九州電力系・・・BBIQ

以前は東京電力でも光回線サービスを提供していましたが、現在は撤退しauひかりへ引き継がれています。

地方電力系回線であれば、電気やガスの契約によって光回線をお得にできますので、まとめて契約されたい方にはおすすめです。

ケーブルテレビは地域ごとで全く異なる

ケーブルテレビ会社は各地域によってそれぞれ運営会社やサービスが異なります。日本最大手は「J:COM」です。ケーブルテレビ会社はテレビサービスをメインとして、現在はインターネットサービスや固定電話をセットで提供しています。ケーブルテレビ会社によっては、格安スマホ、電気、ガスなどを合わせて提供していることろもあります。インターネットについてはテレビの同軸ケーブルを利用しているケーブルテレビ会社が多く、通信速度は光回線と比べると遅めです。一部のケーブルテレビ会社は戸建向けに光回線を提供しているところもあります。

テレビのチャンネル数を重視する、ネットをあまり使わないという方に、ケーブルテレビは向いています。ケーブルテレビの料金プランの一例としてJCOMのプランを見てみましょう。

〈J:COM関東エリアおすすめプラン「スマートお得プラン320 PHONEコース」〉

月額料金 12ヶ月間:7,400円14ヶ月目以降:9,300円
テレビ スタンダード(89ch)
ネット NET 320Mコース
電話or VODメガパック J:COM PHONEプラスVODメガパック

また、J:COMでは、auスマートバリューの割引があります。J:COMサービスでテレビ・ネット・電話のうち2サービス以上の利用と、指定のauプランご利用で、auスマホご利用料金が最大月額1,000円永年割引として適用されますよ!最大10回線適用なので、ご家族にauユーザーが多いほどお得になります。

「フレッツ・テレビ」のサービスを提供している光回線

フレッツ・テレビは、NTT東日本・西日本が提供している光回線を利用してテレビ視聴ができるサービスで、月額料金750円で地デジとBS無料放送が楽しめます。それに加え、スカパーを別途契約すれば、CS放送を視聴できます。より専門チャンネルの多い「スカパー!プレミアムサービス光」で契約すれば、約150ch以上を見ることもできます。

ただし、NTT西日本は戸建てのみの提供、東日本では光配線方式のみでマンションタイプで利用可能となっていますのでご注意ください。

〈フレッツ・テレビサービス内容(戸建ての場合)〉

  地デジ・FMラジオ放送 BSデジタル放送 CS
チャンネル数 11ch(提供エリアごとに異なる) 35ch(有料21ch含む) 約70チャンネル以上(要別途スカパー契約) 
月額料金 750円 公共・無料放送:0円有料放送:チャンネルごとに異なる 月額利用料761円~

なお、今ならCS放送を2週間お試しで体験できます。フレッツ・テレビご契約のお客さまは、リモコンのCSボタンを押すと、無料で体験できますよ。

ソフトバンクユーザーなら「SoftBank光」がおすすめ!

ソフトバンク光は、フレッツ光の回線を利用する光コラボで、フレッツ・テレビ(ソフトバンク光テレビ)の契約が可能です。

スマホや携帯をソフトバンクで利用している方は、光回線もソフトバンク光でまとめましょう。そうすれば、セット割「おうち割 光セット」が適用され、スマホ代が最大で毎月1,000円永年割引されますよ。おうち割は、ご家族の方にも適用されます。該当すれば最大10回線が家族割引を適用できます。

〈SoftBank光基本情報(戸建ての場合)〉

インターネット月額料金 5,200円(2年自動更新プラン)
工事費 24,000円
初期費用 事務手数料3,000円
インターネット最大速度 1Gbps

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ!

ドコモユーザーも光コラボ回線であり、フレッツ・テレビのサービスを提供しています。また、ドコモの割引が受けられる唯一の光回線でもあります。「ファミリー割引」グループ内の「ギガホ」「ギガライト」を契約中の各回線からは最大毎月1,000円、「カケホーダイ&パケあえる」をご利用中の方であれば、最大3,500円の割引が適用されますよ。

〈ドコモ光基本情報(戸建ての場合)〉

インターネット月額料金 5,200円(タイプA、2年定期契約)
工事費 18,000円
初期費用 契約事務手数料3,000円
インターネット最大速度 1Gbps

auユーザーなら「ビッグローブ光」がおすすめ!

「ビッグローブ光」では、auユーザー向けのセット割引「auスマートバリュー」のサービスを提供しています。プランごとに割引額が変わりますが、最大2,000円が2年間続くケースや、最大1,000円が永年割引になるケースもあります。auひかりではフレッツ・テレビを提供していませんので、auユーザーの方はビッグローブ光の契約を検討しましょう。

〈ビッグローブ光基本情報(戸建ての場合)〉

インターネット月額料金 4,980円
工事費 30,000円
初期費用 申込手数料3,000円
インターネット最大速度 1Gbps

「ひかりTV」のサービスを提供している光回線

ひかりTVはコンテンツが充実しており、110ch以上の専門チャンネルと、約91,000本のビデオサービスを提供しています。また、専用アプリを使えば、スマホやタブレットでもテレビやビデオ作品を見ることができ、パソコンでも専用ソフトを使って視聴できます。もちろん、地デジ・BSデジタル放送も視聴できます。地デジは、東日本・西日本で合わせて20都道府県で対応しており、BSデジタル放送は全国で視聴できます。

各回線で利用料金は共通ですが、対象エリアは回線ごとに異なります。

〈ひかりTV基本情報〉

  テレビおすすめプラン お値打ちプラン ビデオざんまいプラン
利用料金 月額2,500円 月額3,500円 月額2,500
テレビサービス 50ch以上 10ch以上
ビデオサービス 一部の無料作品見放題 約20,000本見放題

インターネット速度がとにかく速い「NURO光」

通信速度で選ぶなら、光回線は「NURO光」が一番おすすめです。NURO光は下り最大2Gbpsという高速スペックを標準装備しており、速度に関する評価も非常に高くなっています。

ただし、NURO光のひかりTV対象エリアには注意が必要です。NURO光のインターネットサービスのエリアは関東・東海・関西・九州の一部ですが、テレビサービス「ひかりTV for NURO」は、関東・関西の一部エリアのみのエリアに限られています。

つまり、NURO光を契約できても、オプションのひかりTVは利用できない場合がありますので、契約前に必ずエリア確認をしましょう。

〈NURO光の基本情報〉

  NURO光G2V NURO光G2
通信速度 下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
月額基本料 4,743円 7,124円
基本工事費 40,000円(30ヶ月分割払い)
契約事務手数料 3,000円
契約期間/契約解除料 2年間の継続契約/解除料9,500円 なし/解除料0円

NURO光では、ひかりTV契約者向けのキャンペーン「ひかりTVセット割引」を実施中です。NURO光×ひかりTVのセット申し込みで、通常6,243円かかる月額料金が1年間2,480円で利用でき、基本工事費の実質無料や、So-net設定サポートが1回無料などの特典もついてきてお得ですよ!

また、NURO光は「おうち割 光セット」が適用されますので、ソフトバンクユーザーにもおすすめです。ソフトバンク料金が毎月最大1,000円の永年割引されます!

「SoftBank光」「ドコモ光」「ビッグローブ光」はひかりTVも選べる

フレッツ・テレビの回線でご紹介した「SoftBank光」「ドコモ光」「ビッグローブ光」はひかりTVを選択もできます。提供エリアは、SoftBank光とビッグローブ光はフレッツ光の提供エリア、ドコモ光はひかりTVと同じ提供エリアです。

利用料金の安さで選ぶなら「フレッツ・テレビ」、コンテンツの充実さで選ぶなら「ひかりTV」がおすすめです。利用するポイントに沿って、自分合ったテレビサービスを利用しましょう。

まとめ

テレビを見るという選択肢一つとっても、さまざまなサービスがあります。通常のアンテナを立てての視聴はもちろん、ケーブルテレビやネット回線での視聴があります。

・チャンネル数を重視したい方は「ケーブルテレビ」
・通信品質を重視したい方は「光回線」

重視するポイントによって、利用するサービスを選びましょう。光回線であれば、スマホや電話をセットにすることで、月額料金の割引などがあります。テレビサービスの充実した生活を送るために、ご自分にあっているテレビを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました