mineo(マイネオ)とeo光は相性が良い!併用するメリットについて

関西エリアでサービス提供しているeo光と、格安SIMとして最近注目度が上がっているmineoは、「株式会社オプテージ(旧ケイ・オプティコム)」という同じ会社が運営しています。
そのためこの2つは相性が良く、併用するとさまざまなメリットを得ることができるのです。

ネットサービスのメリットといえば契約キャンペーンですが、eo光とmineo間ではどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

【注意】2020年7月現在mineoとeo光間のキャンペーンはなし

2019年9月現在では、残念ながらmineoとeo光間でのキャンペーンは展開されていません。

しかし、mineoとeo光は同じオプテージが運営しているので、この2つをセットとしたキャンペーンや何らかの割引サービスが行われる可能性は十分にあります。新しいキャンペーンや特典など発表され次第、当サイトでも解説してまいります。

mineoとeo光を併用するメリット

mineoとeo光が同じ会社に運営されているため、併用するメリットがいくつかあります。
併用する主なメリットをご紹介します。

支払先をまとめることができる

mineoとeo光は、支払先を統合できます。通信系の契約先が全てバラバラだと毎月いくら支払っているか把握もしやすくなり、一元化できるのはメリットだといえるでしょう。

mineoとeo光は同じ会社が運営

mineoとeo光は、関西電力グループである株式会社オプテージが運営しています。オプテージは以前「ケイ・オプティコム」という社名したが、2019年4月に社名変更しました。格安SIMであるmineoと光回線であるeo光は、提供サービスは異なりますが、運営元の会社は同じオプテージなので、インフォメーションを統合できるのです。

mineoもeo光も料金の支払いにクレジットカードが不要

mineoは本来ならクレジット決済しか対応していません。

しかし、eo光を契約することで、利用料金の支払いを合算できるようになります。eo光の支払い方法を口座振替に設定しておけば、mineoの支払いも一緒に口座振替となるのです。

通信系の中でも特に格安SIMなどは、支払いにクレジットカードが必要なケースが数多くあります。格安SIMを利用したいけど、クレジットカードを持っていない人や作りたくないという人にはこの支払い方法は大きなハードルです。クレジットカード以外で支払いをしたい方にもおすすめです。

無料で通話できるLaLa Callを家族間などで有意義に活用できる

格安SIMの特徴として、大手キャリアと比べて基本料金が格段に安いことが挙げられます。しかし、通話料の面から見てみると1回の通話料金が割高になってしまう傾向があります。

そこで活用できるのが、オプテージが手掛ける通話アプリLaLa Call」です。
この通話アプリLaLa Callは、月額100円で利用することができ、通話が通常の半額程度の料金で可能となります。mineo、もしくはeo光ユーザーであれば、この月額料金100円も無料となるのでかなりお得に通話できるようになります。

しかも、このLaLa Call同士の通話は無料となるので、eoID(ファミリー)を利用して最大4人の家族にもLaLa Callをダウンロードしてもらえば、その家族間の通話が全て無料となるのです。よく通話する家族間などで活用すると、家族全体での通信コストの削減につながるでしょう。

eoIDが共通なので契約がスムーズ

eoIDとは、オプテージが無料で発行してくれるIDのことで、サービスを利用するのに必要です。eoIDには、契約者本人の「マスター会員」、契約者の家族が持てる「ファミリー会員」、だれでも登録可能な「オープン会員」の3種類があります。

契約者本人が持てるマスター会員のeoIDは、eo光の各種サービスの変更や設定を行える以外にmineoのSIMカードを申し込むこともできます。本来ならmineo契約後IDを取得する必要がありますが、すでにeoIDを持っていることで契約をスムーズに進めることができます。

mineoとeo光を組み合わせて利用するのがおすすめの人

mineoとeo光を併用するメリットを頭に入れた上で、改めてmineoとeo光を組み合わせて利用するのがおすすめの人を確認していきましょう。

ファミリー世帯(家族での利用)

支払いがシンプルでわかりやすいのが最大のメリットであるmineoとeo光の組み合わせは、ファミリーにとくにおすすめだといえます。家族内の通信費がわかりやすくなり、手続きなどの手間も少なくなります。
また、LaLa Callを活用することで家族間の通話が無料にできることも嬉しいポイントです。本来、契約者本人に発行されるeoIDですが、契約者の家族はファミリー会員としてeoIDを持つことができ、そのeoID(ファミリー)を使って、各種コンテンツを購入できます。

契約先をあまり増やしたくない人

mineoとeo光は、インターネット光回線や電話、メールなど通信関係の契約先を一元化したい人にもおすすめです。
eo光を契約することでインターネットを楽しむことができますし、mineoで通話やメールなどを利用できます。支払いも統合して口座振替できるので、手続きもれや支払い忘れなどのトラブルを回避できるでしょう。

まとめ

格安SIMのmineoと光回線のeo光は、同じ関西電力グループの株式会社オプテージが運営しているため、併用すると支払先の一元化やサービス利用時に必要なeoIDなどまとめることができ、シンプルでわかりやすい契約状況をつくることができます。eoIDを家族にも発行できるので、アプリを活用した無料通話も可能です。

現在、mineoとeo光間でのキャンペーンは展開されていませんが、キャンペーンが行われる可能性は十分にあります。関西エリアに住んでいて、mineo、もしくはeo光の契約を検討している方は、ぜひチェックしておきましょう。

eo光WEB申込特典
タイトルとURLをコピーしました