SoftBank光には乗り換えるべき?メリットや注意点とともに検証

SoftBank光を申し込むにあたり一番大きなメリットを受けられる人は「他社ネット回線からの乗り換えをする、ソフトバンク・ワイモバイル端末(スマホ・ケータイ・タブレット)ユーザー」です。その理由は以下のSoftBank光のキャンペーンを全て受けることができるからです。

おうち割 光セットでソフトバンク・ワイモバイル端末の月額料金が割引される
・SoftBank光の開通工事費が実質無料になる
・乗り換え前の回線で発生した違約金を補填してくれる

今回の記事では、上記キャンペーン内容を中心に、SoftBank光へ乗り換える際のメリット・注意点を解説していきます。

ソフトバンク光へ乗り換えるメリット

SoftBank光が行っている特典には、ソフトバンク・ワイモバイル端末との契約があることが条件のものと、他社インターネット回線からの乗り換えが条件になっているものの2種類があります。どの特典も料金面で大きなメリットがあります。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならスマホ料金が割引される!

ソフトバンク・ワイモバイル端末を契約している人がSoftBank光を契約した場合、「おうち割 光セット」というセット割引が適用可能となります。

おうち割で家族・同居人のスマホ安くなる

これにより、ソフトバンク・ワイモバイル端末の月額利用料金から毎月最大1,000円が永年割引されます。割引対象となる端末数は最大10台までであるため、家族にソフトバンクユーザーが多いほど割引の総額は大きくなります。このおうち割 光セットを受けるための条件は以下の通りです。

・SoftBank光とソフトバンク・ワイモバイル端末契約がある
・SoftBank光の契約住所とソフトバンク・ワイモバイル端末の契約住所が同一である、またはSoftBank光の契約者とソフトバンク・ワイモバイル端末の契約者が血縁・婚姻関係にある
・SoftBank光でオプションパック(月額500円)の加入をしている

おうち割 光セットの適用範囲として公式では「家族」という表現が使われていますが、血縁・婚姻関係がなくても同住所に住んでいればセット対象です。

また、条件のオプションパック「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「固定電話サービス」の3つをまとめたもののことを指します。割引金額はソフトバンク端末の契約プランにより変化します。

ソフトバンク セット割引額

  対象料金サービス 割引額/月
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,000円
スマ放題/
スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB※1/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の
料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット※2
4Gデータし放題フラット+※2
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

※1 スマ放題ライトではお申し込みできません。
※2 Wi-Fiルーター向け料金プラン
・データ定額スマホデビューにご加入の場合は、おうち割 光セットの割引が適用されません。
・通話基本プラン[2年契約/2年契約(フリープラン)]に加入された場合、月月割は適用されません。
・スマートフォンでデータ定額ミニ 1GBをご契約の場合、月月割は適用されません。

ワイモバイル セット割引額

ワイモバイルもおうち割でさらに安くなる
対象サービス 割引額/月
スマホプランS 500円
スマホプランM 700円
スマホプランL 1,000円
データプランL / Pocket WiFiプラン2 500円

他社回線の解約金をチャラにできる!?

SoftBank光のキャンペーンに、他社回線からの乗り換えが条件になっているものがあります。このキャンペーンでは乗り換え元となる他社回線の解約違約金、回線撤去工事費用などをソフトバンクが最大10万円まで負担します。解約時の費用が少なくなるため、乗り換えのハードルが大幅に下がります。詳細や条件は後述します。

フレッツ光・光コラボ回線から転用したい人

SoftBank光は光コラボに属する回線のため、フレッツ光からの転用が可能です。転用ではフレッツ光の解約違約金やSoftBank光の開通工事費用がかからないため、少ない負担で契約の切り替えができます。転用の場合でも先述した「おうち割 光セット」を使うことが可能です。

光コラボレーションとはなにか

また、2019年7月1日から光コラボ回線間での転用も可能になりました。そのため、同じ光コラボである、「ドコモ光」や「BIGLOBE光」、「So-net光」などからも少ない費用でSoftBank光へ契約変更ができます。

しかし、転用は乗り換えにはあたらないため、乗り換え条件のキャンペーンを使うことはできませんので注意しましょう。

ソフトバンク光に注意点はある?

SoftBank光にさまざまなメリットがありますが、それらを最大限に受け取れるのが「ソフトバンク・ワイモバイルスマホのユーザーであること」です。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーでないとメリットが薄い?

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは、SoftBank光最大のメリットである「おうち割 光セット」を利用できます。
SoftBank光の月額料金は戸建て5,200円、マンション3,800円と他社光コラボと比べると平均的な金額です。そのため、「おうち割 光セット」での割引料金を含めることでSoftBank光の料金的メリットが生まれます。 

超高速サービスが存在しない

「NURO光」や「auひかり」のように他社回線には最大速度が2Gbps、10Gbpsの超高速回線プランを持つものがあります。それに対し、SoftBank光はNTTフレッツ光回線を利用しているため、最大速度は1Gbpsです。

インターネットゲームをする場合など回線速度を重要視される方にとっては一歩劣る点といえますが、SoftBank光は高速でのネット接続ができる「IPv6高速ハイブリッドに対応しています。この機能を使えば安定した高速通信が可能です。

しかし、この機能を利用するには、月額467円の「光BBユニットレンタル」のオプションに加入する必要があります。

Wi-Fiの利用が有料

パソコンやスマホ・タブレットなどを無線接続するWi-Fi機能はSoftBank光では有料オプションです。このWi-Fi機能を利用するために「光BBユニット(月額467円)」と「Wi-Fiマルチパック(月額990円)」のそれぞれに加入しなくてはなりません。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば、これらをおうち割 光セットの条件として「オプションパック(月額500円)」で利用することができます。

ソフトバンク光への乗り換え費用は、キャンペーンで無料にできる!

他社回線からの乗り換えが条件のキャンペーンは、「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」と「SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」です。どちらも数万円単位の大きな金額が還元されるため、SoftBank光を選ぶにあたっての大きなメリットになります。

それでは、各キャンペーンの詳細についてみていきましょう。

SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン

他社ネット回線の解約時に発生する「解約違約金」「開通工事費の割賦残債」「撤去工事費用」などを最大10万円までソフトバンクが負担するというものです。解約時の費用が10万円を超えることは稀なので、ほとんど全額負担と考えて問題ないでしょう。
還元方法は普通為替の郵送によるキャッシュバックです。

ソフトバンクの乗り換えキャンペーンで解約違約金がキャッシュバックされる

<適用条件>

・他社固定回線または他社モバイルルーター回線からSoftBank光に乗り換えること
・乗り換え元回線とSoftBank光の契約者の名前が同一人物または同一姓の家族であること
・SoftBank光のお申し込みから180日以内に開通・利用を開始すること
・SoftBank光利用開始から5ヶ月目の末日までに以下の条件を満たしていること
・乗り換え元回線の解約費用の証明書をソフトバンクに提出する
・SoftBank光の契約が継続中である
・SoftBank光の月額料金支払いが携帯端末との合算請求、クレジットカード、口座振替のいずれかで設定されている
・月額料金支払いの延滞がない

キャッシュバックの受け取り手順

ここからはキャンペーンの申し込みからキャッシュバックの受け取りまでの手順を説明していきます。

①SoftBank光の申し込み
②SoftBank光の開通・利用開始(①から180日以内)
③以下の操作を全て完了させる(②から5ヶ月目の末日まで)
・解約時の費用証明をソフトバンクに提出
・ソフトバンク光の月額料金支払い方法を設定
・月額料金の滞納をしない
④普通為替での特典受け取り(②から6ヶ月目)

普通為替は郵便局窓口で現金に交換することができます。交換の際には身分証明書の提示が必要です。

負担してもらえない費用もあるので注意

「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」では解約違約金や撤去工事費用、乗り換え元回線の工事代割賦残債金などが負担されますが、以下のものは対象外です。

・テレビ・電話・オプションの解約料金(単独での解約の場合)
・乗り換え元回線のプラン変更手数料
・スマホ・ケータイ・タブレットの解約違約金(他社・自社共)
・転用時に発生する費用
・モバイルルーター本体の割賦残債
・ソフトバンク系列回線の解約費用

ソフトバンク光なら開通工事費も実質無料!

乗り換えが条件のキャンペーンのもう1つが「SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」です。これにより、SoftBank光で発生する開通工事費用の24,000円が実質無料になります。

ソフトバンク光へ乗り換えなら開通工事費が実質無料

条件・キャンペーン適用までの流れは先述の「あんしん乗り換えキャンペーン」と同様で、あんしん乗り換えキャンペーンの手続きをすることで同時にこのキャンペーンの条件を満たすことになります。

特典の受け取り方法は、普通為替での一括キャッシュバック、または1000円×24ヶ月の月額料金割引の2通りあります。

また、お住まいの環境によっては開通工事代が9,600円または2,000円と安くなるケースもあり、その場合の還元金額は10,000円、分割割引の期間も10ヶ月になります。24ヶ月または10ヶ月の割引期間満了前にSoftBank光を解約した場合、特典の付与は途中で中断されます。

まとめ

SoftBank光を他社回線から乗り換えで契約する場合、以下のキャンペーンを受け取ることができます。

・最大10万円までの他社回線の解約違約金補填
・SoftBank光で発生する開通工事費用と同額の還元

さらに、ソフトバンク・ワイモバイルキャリアの携帯端末をお持ちの場合は、端末の月額料金の1,000円割引を受けられる「おうち割 光セット」との併用も可能です。おうち割 光セットに加入することで、高速通信機能や無線Wi-Fi機能なども割安で使うことができます。

以上のことから、他社からのお乗り換えを考えているソフトバンク・ワイモバイルユーザーには、SoftBank光が最もお得な乗り換え先といえます。

現在利用しているインターネットサービスから乗り換えを検討している方で解約違約金がかかる。という方にはソフトバンク・ワイモバイルユーザーでなくても乗り換えキャンペーンを適用すること負担を減らすことができるためおススメと言えます。

タイトルとURLをコピーしました