東北地方の光回線選び!インターネットとスマホのセット割で決めよう

東北地方(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)で光回線の新規契約をお考えの方は、お使いのスマートフォンとのセット割を基準に選択するのがオススメです。

今回の記事では、インターネット回線選びのポイントと注意点をご紹介しながら、上記オススメサービスの料金やそれぞれの特徴を詳しく解説していきます。

東北地方のインターネット選びで意識すべきポイント

東北地方でインターネット回線を検討する場合、月額料金の比較だけではなく、提供エリアや通信速度、キャンペーンの内容なども考慮する必要があります。

提供エリア内であることが大前提

料金やキャンペーンなどが魅力的なサービスを見つけた場合、まずは設置先が提供エリア内であるかどうかを確認しなくてはなりません。なぜなら、全国提供と謳うサービスであっても、実際は提供エリアが限定されているケースも少なくないからです。

また、エリア内であっても建物都合により導入ができない場合や、希望プランでの導入ができないケースもあります。

自分のスマホ代が割引される回線を選ぶ

インターネット回線を選ぶ際に、まず指標にするべきは使っているスマホとのセット割引の有無です。セット割引が適用できれば、スマホ・ケータイ・タブレットの利用料金が毎月割引され、家族で複数台契約している場合には、それぞれの端末に割引が適用できる可能性が高く、さらにお得です。

au・ドコモ・ソフトバンクの大手3キャリアを中心にセット割が用意されていますが、セットにできる組み合わせには決まりがあるため、お使いの端末によっておのずとオススメのサービスが絞られます。

格安スマホを利用の場合、スマホ料金が既に安く設定されているため、大手3キャリアのようなスマホに対しての大幅な割引はありません。よって、スマホへの割引抜きで料金やキャンペーンから選択すると良いでしょう。

速度が出やすい回線を選ぶ

回線速度も選択に重要な要因です。

光回線は上り下りともに最大速度1Gbpsが標準ですが、光回線自体がベストエフォート型のサービスであるため、周辺環境などより実際の速度にばらつきが生じます。また、集合住宅では、建物の既存施設の種類によって、最大速度が1Gbpsを下回る場合もあります。

そんな中で回線速度を量るための情報としては、通信混雑を回避する機能を持つ新しい接続方式である「IPv6」規格に対応していることなどがあげられます。

キャンペーンの還元も加味した「実質金額」で選ぶ

料金比較をする際には、公式サイトに載っている月額料金だけではなく、開通工事費用やキャンペーンなども加味した「実質金額」で比較しなくては正確な判断ができません。この場合、キャッシュバックなどは契約期間の料金総額から差し引いて考えるとよいでしょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモのスマホとのセット割引が受けられるのは、唯一「ドコモ光」のみです。

ドコモ光はNTTフレッツ光の回線を利用した「光コラボレーション」の1つであり、提供エリアは広いといえます。月額料金が他社サービスと比べ高めの設定であるため、スマホセット割である「ドコモ光セット割」との併用を前提に考えた方がよいでしょう。

  戸建てタイプ マンションタイプ
最大速度
(上り/下り)
1Gbps/1Gbps 100Mbps/100Mbps
1Gbps/1Gbps
月額基本料金 5,200円 4,000円
開通工事費用 18,000円 15,000円
契約事務手数料 3,000円
解約違約金 13,000円 8,000円
<ドコモ光キャンペーン>
・dポイントプレゼント
・ドコモ光セット割

ドコモ光に新規契約をすると、dポイントプレゼントが受け取れます。dポイントは、コンビニでの精算や公式サイトでの商品交換、ドコモスマホの月額料金支払いなどに使うことができるため、現金のキャッシュバックとして考えることができます。

ドコモ光セット割では、セット対象となるドコモスマホの月額料金から、最大3,500円(シェアパックの場合)が永年割引されます。適用範囲はファミリー割引のグループに登録している「ドコモ光の契約者本人と、そこから見て3親等内に含まれる家族」と規定されており、契約住所や支払口座などに制限はありません。

ソフトバンクユーザーなら「SoftBank光」

東北地方で契約できる光回線で、ソフトバンク端末(スマホ・ケータイ・タブレット)とのセット割が使えるのは「SoftBank光」のみです。こちらもNTTフレッツ光回線を使った光コラボに属するサービスです。

  戸建てタイプ マンションタイプ
最大速度
(上り/下り)
1Gbps/1Gbps 100Mbps/100Mbps
1Gbps/1Gbps
月額基本料金 5,200円 3,800円
開通工事費用 24,000円(乗り換えで実質無料)
契約事務手数料 3,000円
解約違約金 9,500円
<SoftBank光キャンペーン>
・SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン
・SoftBank光あんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割 光セット

SoftBank光には、他社回線からの乗り換えが条件のキャンペーンが2種類あります。開通工事費用相当のキャッシュバックと、乗り換え元回線で発生した解約費用補填のキャンペーンです。どちらも乗り換え元回線の解約費用明細をソフトバンクに提出することでキャンペーンを受けることができます。

解約費用補填のキャンペーンでは、違約金・開通工事費用残債・撤去工事代などが最大100,000円まで補填されるため、実質全額補填と考えることができます。

ソフトバンク端末とのセット割である「おうち割 光セット」ではソフトバンク端末の月額料金から最大1,000円が毎月割引されます。最大10台までの端末がセット対象となるため、家族で複数台ソフトバンク端末を持っているとより大きなメリットを受けられます。

適用範囲は「SoftBank光契約住所と同住所で契約をしているソフトバンク端末」と「SoftBank光契約者と婚姻・血縁関係である人物が契約しているソフトバンク端末」です。婚姻・血縁関係にあれば契約住所が同一である必要はありません。

適用条件として、SoftBank光で月額500円の「オプションパック」(光BBユニット・Wi-Fiマルチパック・固定電話サービスへ)の加入が必要です。また、この条件になっている「光BBユニット」を使用すると、IPv6規格で通信することが可能になり、通信環境が向上します。

auユーザーなら「auひかり」「ビッグローブ光」

au端末(スマホ・ケータイ・タブレット)とのセット割である「auスマートバリュー」を使える光回線は複数あり、中でもオススメなのがau公式の「auひかり」とNTT光回線を利用した光コラボの「ビッグローブ光」です。

auスマートバリューでは、光回線とセットにしたau端末に対して最大2,000円の割引が受けられます。割引金額は3年目以降減少するパターンもありますが、割引自体は永年継続します。

割引対象台数は10台までで、「光回線契約と同一姓・同一住所の家族」または「別住所であっても契約者が50歳以上の家族」であれば適用範囲に含まれます。

auひかりは速度重視の人、乗り換えユーザーにオススメ!

auひかりはauの独自回線を使ったであり、かつ標準でIPv6規格に対応しているため、通信速度や安定性に期待できます。提供地域や建物が限られているため、申込み前にはよく確認をしておきましょう。

  戸建てタイプ マンションタイプ
最大速度
(上り/下り)
1Gbps/1Gbps 35Mbps/100Mbps
1Gbps/1Gbps
月額基本料金 5,100円 3,800円
開通工事費用 37,500円(実質無料) 30,000円(実質無料)
契約事務手数料 3,000円
解約違約金 15,000円 7,000円

auひかりマンションタイプはマンション設備により、月額料金・上下スピードが異なります。光配線方式(ギガマンション)の場合は 1Gbps/1Gbpsとなります。

<auひかりキャンペーン>
・初期費用相当割引
・auひかりスタートサポート
・auスマートバリュー

auひかりは、標準で初期費用相当割引が受けられるため、開通工事費用を実質0円と考えることができます。しかし、この開通工事費用は戸建てタイプの場合60ヶ月、分割マンションタイプの場合24ヶ月の分割相殺で完全償却と設定されているため、これら期間内に解約をしてしまうと、残債を一括で支払う必要があるので注意が必要です。

auひかりスタートサポートでは、他社回線の解約金還元を受けることができます。乗り換え元回線の解約費用明細をauに提出することで、最大30,000円がauから還元されます。

ビッグローブ光はフレッツ光から転用したい人にオススメ

ビッグローブ光は、NTTフレッツ光回線を使った光コラボ回線です。同じ光コラボであるドコモ光・SoftBank光も同様ですが、フレッツ光または他社光コラボ回線から開通工事不要で転用することができるため、初期費用が大幅に軽減されます。また、こちらも標準でIPv6規格に対応しているため、通信速度・安定性にストレスを感じることはないでしょう。

月額料金が他回線と比べてかなり安く設定されていますが、工事費用の償却期間が長めに設定されているので長期契約を想定する必要があります。

  戸建てタイプ マンションタイプ
最大速度(上り/下り) 1Gbps/1Gbps 100Mbps/100Mbps
1Gbps/1Gbps
月額基本料金 4,980円 3,980円
開通工事費用 24,000円(実質無料)
契約事務手数料 3,000円
解約違約金 20,000円
<ビッグローブ光キャンペーン>
・初期工事費用相当額割
・auスマートバリュー または auセット割

ビッグローブ光では初期工事費用24,000円の全額割引キャンペーンが行われています。40ヶ月で開通工事費用が完全償却となります。償却期間内の解約になると残債が一括請求されます。完全償却までの期間がともに長く設定されていることに注意が必要です。

まとめ

東北地方で光回線を検討する場合、お使いのスマホ端末とのセット割引を中心に、提供エリア・回線速度などを考慮して選択する必要があります。今回紹介したサービスをオススメパターンに分けると以下のようになります。

<ドコモ光>
・ドコモスマホを使っている
・フレッツ光または他社光コラボからの転用である
<SoftBank光>
・ソフトバンク端末を使っている
・他社回線からの乗り換えである
<auひかり>
・au端末を使っている
・他社回線からの乗り換えである
<ビッグローブ光>
・au端末を使っている
・フレッツ光または他社光コラボからの転用である
・あらかじめ長期での契約が見込める

本記事の内容を踏まえて、ベストな光回線の選択にお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました