NURO光の工事内容まとめ!2回必要な工事を1回にできるって本当?

nuro光工事を1回にする方法

NURO光といえば業界最速レベルの2Gbpsを誇る光回線として有名ですが、「宅内工事」と「屋外工事」の2回の開通工事が必要です。

開通工事は立ち合い工事が必要なため、2回となると予定を立てるのが厳しい人もいらっしゃるでしょう。実は、開通工事を1回にまとめることも可能なのです。

そこでこの記事では、NURO光の工事内容や、注意点などをご紹介します。工事を1回にまとめる方法も解説しますので、NURO光の契約・利用を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

NURO光の工事内容

光回線の初期開通工事内容に関して、戸建て住宅とマンションとでは少し内容が異なることはNURO光に限ったことではありません。それぞれの工事手順を解説します。

戸建て住宅の工事手順

1回目の工事では家の中および壁での作業となる「宅内工事」が行われます。

【宅内工事】
1.     家の外壁に「光キャビネット」を取り付ける(取り付けには3箇所のビス留めを行います。)
2.     光キャビネットから、エアコンダクトまたは電話配線を利用して宅内へ光ケーブルを引き込む
3.     光コンセントを設置し、引き込んだ光ケーブルをつなげる(取り付けにビス留めを行うこともあります。)
4.     光コードを配線し、ONUを接続する

2回目の工事で家の外で「屋外工事」が行われます。

【屋外工事】
1.     建物近くの電柱から光ケーブルを引き込む
2.     壁に引留金具を取り付け、引き込んだ光ケーブルを固定する(取り付けには2~4箇所のビス留めを行います。)
3.     宅内工事時に取り付けた光キャビネットに光ケーブルを接続する

マンションの工事手順

マンションなどの集合住宅の場合では、工事が2回必要なケースと1回で済むケースの2通りあります。前者は建物自体にNURO光共用設備が導入されていない場合、後者はすでに導入済みの場合です。

1回目の工事では棟内および室内での作業となる「宅内工事」が行われます。建物に、すでに共用設備が導入されている場合は、この宅内工事のみの1回で完結します。

【宅内工事】
1.     MDF(主配線盤)から光ケーブルを通線する
2.     既存の棟内配線を利用して光ケーブルを各戸まで引き込む
3.     光コンセントを設置し、引き込んだ光ケーブルをつなげる(取り付けにビス留めを行うこともあります。)
4.     光コードを配線し、ONUを接続する

2回目の工事は共用設備がない建物でのみ行われます。

【屋外工事】
1.     建物近くの電柱から光ケーブルを引き込む
2.     壁に引留金具を取り付け、引き込んだ光ケーブルを固定する(取り付けには2~4箇所のビス留めを行います。)
3.     MDFの引き込み口まで光ケーブルを配線する(必要な場合は引留金具を使用して外壁にケーブルを固定します)
4.     電話線や電力線の引き込み口を利用して棟内へ光ケーブルを通線する
5.     MDF内で光ケーブルを接続する

工事には立ち合いが必要

工事内容で解説したとおり、工事の際は作業員が敷地内もしくは室内へ入って作業を行う必要があるため、立ち合いが必須となっています。

作業はどちらの工事の場合も1~2時間程度ですが、都合がつけられず立ち合いができない人は、同居している家族の代理立ち合いも可能です。

NURO光の2回必要な工事を1回にできる!

作業時間は1~2時間で済みますが、その場でどんなトラブルが発生するか分かりません。場合によっては作業に数時間かかってしまう場合もありますから、工事日は1日予定を空けておくほうがよいでしょう。

しかし、忙しい人にとっては2日も都合をつけるのは難しいかもしれません。そのため、NURO光では2回の工事を1回にする方法があります。

方法は簡単で、工事日の調整を行う際に、「工事を1回で済ませたい」と申し出るだけです。ただし、工事を1日にまとめて行うためには別途5,000円が必要となります。

平日に立ち合いを行えない方であれば、休日指定を行う際に1日当たり3,000円の費用が発生しますから、2回の工事を土日祝に行うと3,000円×2回=6,000円が必要となります。

結果として、平日に1回だけ都合をつけて追加料金5,000円を払った方が、休日2回分の追加料金を支払うよりもお得になります。ただし、工事を1回にまとめられるのは、関東地区の戸建て住宅のみとなるので注意してください。

NURO光の工事費用が実質無料!

NURO光の開通工事費は40,000円と、他と比べると多少高額です。しかし、NURO光ではこの40,000円の工事費を実質無料にするキャンペーンを実施しています。

工事費を30回の分割払いにし、その毎月の支払分を割引してもらうのです。ただし、この割引は解約時点で終了してしまうので、完全に実質無料にするためには30ヶ月の継続利用が必要となります。

  開通月 開通2ヶ月目 開通3ヶ月~31ヶ月目
月額基本料金 ~4,743円
(日割りで請求)
4,743円 4,743円
基本工事費割賦 1,351円 1,333円
特典割引額 -1,351円 -1,334円
実質支払額 ~4,743円 4,743円 4,742円

NURO光の工事の注意点

工事の内容・費用について解説してきましたが、ここからは気をつけなければならない注意点を解説していきます。後悔やトラブルの原因とならないように、NURO光申し込み前にきちんと確認しておきましょう。

NURO光の工事期間は1~2ヶ月かかる場合がある

NURO光の開通工事は、2回必要ですが、人気の高い光回線なので申し込みを行い、工事を待っている人も多数存在します。そのため、開通工事の日程調整は難しく、2回の工事日程を調整し、工事を実施するまでに1~2ヶ月の期間が必要です。

転居や新生活などを機にNURO光を契約したいと考えている人も多いかと思いますが、申し込んでからすぐには利用できない可能性があります

NURO光の利用を決めたら、できるだけ早めに申し込みを行い、その後工事がいくらか遅れてしまっても困らないように考慮しておきましょう。

マンションにNURO光設備がない場合は許可が必要

マンションにNURO光の共用設備がない場合、屋外工事が必要となりますが、マンションでの屋外工事は個人の希望だけでは行うことができません。

屋外工事では外壁に穴を開ける場合があり、マンションの管理会社やオーナーに許可をとっておかなければ後々トラブルにつながってしまうのです。

また、NURO光forマンションでは、同じ棟内に4人以上の契約者がいることが条件となっていますので、マンションの住人の中で契約者を募り、許可をとる必要がありますので、かなりのハードルといえますので、非常に難しいと考えるべきでしょう。

そういった許可をとることが難しい場合は、戸建てプランと同等の「NURO光マンションミニ」が利用できます。

NURO光マンションミニでは、マンション内の各戸が個人で契約し、戸建てプランと同様の工事にてNURO光を導入できるのです。当然のことながら、物件の管理会社・オーナーの許可がなければ導入はできません

土日祝日に工事を依頼するとプラス3,000円かかる

基本的にNURO光の工事日は平日に行われます。ただし、平日に都合をつけられない人向けて、3,000円の追加料金を支払えば、土日祝日に工事日を指定できるようになっています。

ただし、NURO光は開通工事が2回必要となりますから、2回とも土日祝日を指定する場合、3,000円の追加費用が2日分必要となりますので、ご注意ください。

開通までレンタルできるWi-Fiサービス

NURO光の申し込みから工事完了・開通までの間ネット通信が利用できません。ところが、工事の遅れなどの影響により、実際にNURO光を導入するまでに1ヶ月~2ヶ月ほど時間がかかってしまう恐れがあります。

その場合は、NURO光からモバイルWi-Fiをレンタルするといいでしょう。1日単位で日割り計算をしてくれるので無駄なく利用できますよ。

データ通信容量も無制限の上、特別価格でレンタルできるのでおすすめです。

NURO光の開通までレンタルできるWi-Fiの料金

初月 980円
2ヶ月目 32円/日

工事が遅い場合がある

工事日の調整の段階で予定があわず、すぐに工事を受けられない可能性があります。2回の工事が控えているNURO光では「工事が遅い」との声もよく聞かれています。

そのため、インターネットの開通を急いでいる場合には、5,000円の追加料金を支払って「2回の工事を1回にする」ことで工事期間の短縮が図るのもよいでしょう。

ただし、NURO光は人気のある回線ですから、工事を待っている人が多く、申し込みをしたからといってもすぐに工事が完了するわけではなありません。

工事日変更やキャンセルするときの問い合わせ先

予定していた工事日に工事を実施できない事態になった場合、NURO光に連絡することで工事日を変更することができます。工事日の変更は電話連絡のみの対応となります。

<NURO光開通センター>
西日本エリア対応:0120-130-624
東日本エリア対応:0120-201-761
受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く)

NURO光との契約をキャンセルする場合は、2回にわたる開通工事が完了していないのであれば、可能です。工事が完了している状態でのキャンセルは、「キャンセル」ではなく「解約」という扱いになります。

キャンセルしたいときは早めにNURO光サポートデスクに連絡を入れましょう。

<NURO光サポートデスク>
電話番号:0120-65-3810
受付時間9:00~18:00(元旦・1月2日とメンテナンス日を除く)

まとめ

最大速度2Gbpsの超高速通信が可能なNURO光では、開通に伴い2回の基本工事が必要となります。どちらも立ち合いが必要なため、どうしても2回も予定を空けることができないという人は、その2回の工事を1回にまとめることも可能です。

ただし、1回にまとめるには別途5,000円が必要であり、しかも対応は関東エリアのみとなっています。工事実施には申し込みから1ヶ月~2ヶ月かかることもあるので、余裕のある申し込みスケジュールを組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました