工事不要のWiMAX おすすめ?おすすめしない?

WiMAX(ワイマックス)おすすめとか、おすすめしないとか、WiMAXは繋がらないとか、WiMAXは遅いとか。様々な意見があるなか、実際はどういうサービスなのか、本当におすすめなのか解説いたします。

WiMAXってそもそも何よ?

WiMAXは携帯・スマートフォンと同じ電波を利用した通信サービスです。携帯・スマホが主に音声用として活用している周波数帯と違い、データ通信を目的としたWiMAXは携帯・スマホが利用している周波数帯より高い2GHz~6GHzを活用します(携帯・スマホは主に600MHz~2GHz)。携帯が利用してる周波数帯はデータ通信速度はそこまで速くありませんが、遠くまで届きます。逆にWiMAXが利用している高い周波数帯はあまり遠くまでは届かないが、データ通信速度が速い。つまりデータ通信に特化した電波を利用した無線通信サービスなのです。

日本ではUQコミュニケーションズ(KDDIの子会社)がUQ WiMAXというブランドでサービス提供しています。他にも○○WiMAXというサービスがいくつもありますが、光コラボ同様に、UQコミュニケーションズが、回線を貸し出して、別の企業が自社ブランドとして提供しているものです。

UQ WiMAX の料金プラン

UQ Flatツープラス ギガ放題 (3年)

月間通信量 上限なし(au回線を利用した場合は月間通信量7GB
月額基本料金 4,380円
初期登録料 3,000円
契約期間 3年毎の自動更新契約
違約金 課金開始日を含む月から13ヶ月間19,000円14ヶ月目~25ヶ月目14,000円26ヶ月以降9,500円が発生します

UQ Flatツープラス(3年)

月間通信量 7GB
月額基本料金 3,696円
初期登録料 3,000円
契約期間 3年毎の自動更新契約
違約金  課金開始日を含む月から13ヶ月間19,000円14ヶ月目~25ヶ月目14,000円26ヶ月以降9,500円が発生します

auスマホとのセット割引

UQ WiMAXはauスマートフォン とのセット割引き「auスマートバリューmine」が適応可能です。auスマートフォン契約者ならauスマートバリューmineにより500円~1,000円auスマートフォンの月額料金が割引されます。

WiMAXの強み

とはいっても、最近ではスマートフォンでも高い周波数帯と組み合わせてデータ通信の高速化が進められています。スマホでYouTubeなどの動画を手軽に視聴できるのもその為です。ではWiMAXの強みは何か。スマホのように音声通信と共有して周波数帯を利用するのと違い、WiMAXはデータ通信専用で周波数帯利用しているため、スマホと比べると混雑になりにくい回線といえます。

WiMAXの弱点

ただし、WiMAXにも弱点があります。スマホの周波数帯と違って速度はでますが、アンテナ(基地局)から電波の届く距離が短いのです。そのため少し前まで、電波が室内に入りにくく、速度がでないという意見も多くありました。そこで、UQコミュニケーションズの親会社KDDI(au)の電波を借りて組み合わせることで弱点克服に乗り出します。WiMAXの電波が弱いところではKDDI(au)の電波を利用し、カバーできるようにしたのです。

WiMAXが光回線並み?

WiMAXの電波やKDDI(au)の電波などを組み合わせ、2019年1月に通信速度最大1.2Gbps対応になりました。一般的な光回線の速度は 1Gbps ですので、光回線同等となります。WiMAXは工事不要で、光回線並みのサービスが手軽に利用できるようになったということです。

2種類の電波を組み合わせて高速化

ってことはWiMAXが最強じゃないか!

いやいや、利用するスタイルによって向き不向きがあります。

こういう人にはWiMAXをおすすめしません

WiMAXは電波を利用する性質上、電波利用の公平性を保つため、一定期間での通信量に応じて速度制限を設けています。UQ WiMAXの UQ Flatツープラス ギガ放題 という使い放題プランですが、 直近3日間10GB以上 通信すると 超えた日の翌日の 18時頃~翌2時頃 まで 通信速度を 概ね1Mbps に制限されてしまいます。

つまり高速通信を無制限というわけではありません
そのため、
・オンラインゲームをバリバリする(ダウンロードコンテンツも含め)
・AmazonプライムビデオやNetflixなど動画サービスを結構見る
・Spotifyなどの音楽聴き放題サービスをかなり利用する
動画配信をする
・大きい画像データなどをやり取りする など
といった方には不向きと言えます。

WiMAX おすすめ な人は

ではどういった人におすすめなのか、
・自宅にあまりいない(外出が多い
・光回線の導入が難しい住居
・動画を少し見たり、SNSを利用するくらい
・一人暮らしでとにかく通信費を抑えたい
・auスマートフォンを契約中
といった方にはおすすめのサービスと言えます。

WiMAXは持ち運びできるタイプと、宅内の電源コンセントにさして利用する据え置き型があります。一人暮らしであれば、持ち運びできるタイプを利用すると電車の中や外出先でスマートフォンにWi-Fiでつないで利用できるので、スマートフォンのパケット消費を低減(ギガを消費しない)できる為、スマートフォンのパケットプランを最低限に抑える事も可能です。

タイトルとURLをコピーしました