iPhone12 発表 価格は?新機能?サイズは?デザインは?発売日は?まとめて解説!

iphone12 mini pro maxなにが違う?

Appleは、日本時間10月14日午前2時より新型iPhone「iPhone12」を発表いたしました。注目の価格や、新機能、サイズ、デザインはどうか?解説いたします。

最近のiPhoneはラウンドフォルムというか丸みのあるデザインでしたが、今回のiPhone12iPhone5のようなデザインです。

iPhone12は、4タイプ

今回発表された、iPhone12は大きく分けて

iPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 MAX、iPhone12 Pro Max の4タイプです。

違いとしては名前の通りサイズですが、スペック概要は以下の通りです。

※本体画像は表示環境などにより対比が異なって見える場合がございます。

区分 iPhone12シリーズ iPhone12 Proシリーズ
モデル

iPhone12 mini iPhone12 iPhone12 Pro iPhone12 ProMax
カラー
ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルー
iphone12 カラー

シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー
iphone12proカラー

チップ A14 Bionicチップ
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLEDディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
解像度 2,340 x 1,080ピクセル 2,532 x 1,170ピクセル 2,532 x 1,170ピクセル 2,778 x 1,284ピクセル
476ppi 460ppi 460ppi 458ppi
サイズ(幅) 64.2 mm 71.5 mm 71.5 mm 78.1 mm
サイズ(高さ) 131.5 mm 146.7 mm 146.7 mm 160.8 mm
サイズ(厚さ) 7.4 mm 7.4 mm 7.4 mm 7.4 mm
重量 133 g 162 g 187 g 226 g
筐体(前面) Ceramic Shield
筐体
(背面・周り)
ガラスの背面、アルミニウムを持ったデザイン テクスチャードマットガラスの背面、ステンレススチールを持ったデザイン
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

iPhone12全モデルに最新チップ搭載

iPhone12シリーズ、iPhone12Proシリーズ共に、最新となるA14Bionicチップを搭載。11兆もの演算をたった1秒でこなしてしまうiPhone史上最速のチップです。

セラミックシールドで落としても安心!?

前面(液晶画面側)に貼られたセラミックシールドは、今までのiPhoneの約4倍耐落下性能を誇る強度で今まで以上に安心して利用できます。

iPhone12シリーズアルミニウムでデザインされており、iPhone12Proシリーズステンレススチールでデザインされています。iPhone12Proの側面は鏡面仕上げで非常に美しい仕上がりで今までのマットなiPhoneとは雰囲気が違います。

カメラ性能もさらにグレードアップ

iPhoneのカメラ性能は年々向上しており、インスタグラムツイッター、さらにはYouTubeの動画撮影など様々なSNSなどで活躍していますが、そのカメラ性能は今回またグレードアップしました。

ナイトモードではフラッシュなしでも、くっきりとノイズも低減され綺麗に撮影が可能です。

iPhone12とiPhone12Proの違いは?

iPhone12シリーズとiPhone12Proシリーズの大きな違いはカメラにあります。

iPhone12mini、iPhone12はデュアルカメラ(超広角、広角カメラ)で、iPhone12Pro、iPhone12ProMaxは(超広角、広角、望遠カメラ)という構成になっています。

カメラ部分での主となる比較はこちらです。

iPhone12シリーズ iPhone12 Proシリーズ
iPhone12 mini iPhone12 iPhone12 Pro iPhone12 ProMax
5枚構成のレンズ(超広角)、7枚構成のレンズ(広角) 5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(望遠)、7枚構成のレンズ(広角)
デュアル12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ Pro 12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角 超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.6絞り値 広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値 望遠:ƒ/2.2絞り値
2倍の光学ズームアウト 2倍の光学ズームイン 2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト 2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ 5倍の光学ズームレンジ
最大5倍のデジタルズーム 最大10倍のデジタルズーム 最大12倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正(広角) デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
ナイトモード(超広角、広角) ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角) Deep Fusion(超広角、広角、望遠
Apple ProRAW

カメラの数だけでなく、iPhone12Proシリーズは、「Apple ProRAW」に対応しています。

写真に詳しい方はご存知かもしれませんが、カメラで撮影した画像は一つのデータファイルとして保存されます。しかし、この「Apple ProRAW」に対応することで、統合されたデータになる前の状態で保存編集が可能となり、色彩ホワイトバランスなど撮影者が撮影後に自由にコントロールできるようになるわけです。まさにPro仕様ですね。

iPhoneがワイヤレス充電できない!を解消する!?

iPhone8以降のiPhoneはワイヤレス充電に対応し、Qi規格対応のワイヤレス充電器を別途購入することで、直接iPhoneにケーブル繋がず、置くだけで充電が可能になりました。

が、iPhoneとワイヤレス充電器の位置がしっかり合っていないと充電がしっかりできていなくて、出かけるときに「充電されてない!」なんてこともあったのです。

iPhone12ではこのワイヤレス充電をより簡単に確実に充電できる仕組みが用意されました。

それが、MagSafeです。

MagSafe対応ケースをiPhone12に取り付ければ、iPhone12の背面とワイヤレス充電器がマグネットでパチン!とくっつきます。これで接触面がずれることもなくしっかり充電できます。

しかも、MagSafe対応カード入れもMagSafe対応ケースにくっつけることができます。

IC定期などを入れることもできるわけです。シールド機能も備わっているので、安心して利用可能です。

iPhone12は5G対応に

既に他社スマホ端末で少しずつ対応し始めている、5G(第5世代)の通信規格にiPhone12も対応することになりました。

高速なチップと、新しい5Gの電波を利用し、高速処理&高速通信でオンラインゲームや、撮影した高画質な動画なども快適にやり取りができます。

アメリカでは、通信速度最大4Gbpsなんて説明もありますが、日本ではどうかというと・・・

日本の大手通信キャリア各社の5G提供エリアまだまだ広がっていません。5Gで先行して利用される電波の周波数帯は通信速度は出やすいが、電波の届く範囲が限定的でなおかつ、遮蔽物に強くない特性があることから、急拡大できないのです。

もちろん、今後アンテナを複数建設したり、様々な工夫により、エリア拡大がなされていくと思いますが、当面の間は、5Gの恩恵を受けられるエリアかなり限定的と思った方がいいでしょう。

iPhone12 は5G対応 → ネットが超速い! という考えで購入するのはやめた方がいいでしょう。5Gは後からついてくると思って気長に待ちましょう。

iPhone12の料金はいくら?発売日は?

とはいえ、Apple渾身の最新技術を搭載した新型iPhone12は魅力的製品でありますが、気になる端末価格はいくらでしょうか?そしていつから購入できるのでしょうか?

区分 iPhone12シリーズ iPhone12 Proシリーズ
モデル

iPhone12 mini iPhone12 iPhone12 Pro iPhone12 ProMax
価格
(税別)
64GB
74,800

128GB
79,800

256GB
90,800
64GB
85,800

128GB
90,800

256GB
101,800
128GB
106,800

256GB
117,800

512GB
139,800
128GB
117,800

256GB
128,800

512GB
150,800
予約受付開始 116日午後10 1016日午後9 1016日午後9 116日午後10
販売開始 1113日発売 1023日発売 1023日発売 1113日発売

iPhone12の64GBモデルが85,800円で、iPhone12miniの64GBモデルが74.800円と結構おトク感のある価格設定ではないでしょうか。

予約はiPhone12iPhone12Pro10月16日午後9時から受付開始、iPhone12miniiPhone12ProMax11月6日午後10時から受付開始とタイミングが異なりますので注意しましょう。

iPhone12、iPhone11、iPhoneXS、iPhoneSEと比較

中身も重要ですが、日頃利用するものですから、サイズや重さが今までのiPhoneとどのくらい変わるのか確認したいところです。

そこで、近年発売された旧世代のiPhoneと筐体サイズと画面サイズ、重さをそれぞれ並べてみました。

iPhone12miniとの比較

iPhone12miniとiPhoneXiPhoneSE(第2世代)を比較してみましょう。

お手頃な価格で人気のiPhoneSE(第2世代)より小さくなっていながら、ディスプレイサイズは大きくなり、さらに軽量化されています。133gはなかなかのダウンサイジングではないでしょうか。

このサイズでiPhone12、iPhoneProと同じチップが搭載されているのですから、単なる廉価版ではないですね。コンパクトサイズがお好きな方にはピッタリです。

iPhone12との比較

次は標準的ポジションのiPhone12と、iPhone11iPhoneXRとの比較です。

今現在、iPhone11、iPhoneXRを利用されている方も多いのではないでしょうか。

画面サイズは全て同じ6.1インチですが、ダントツでiPhone12が軽い!しかも全体的サイズも少し小さくなっています。

そろそろ買い替えはいかがでしょうか?

iPhone12Proとの比較

続いて、カメラ性能が向上しているiPhone12Proと、iPhone11ProiPhoneXSとの比較です。

ここでは筐体サイズはほぼ同等で、iPhoneXSより少し重さが増量。しかし、ディスプレイサイズは大きなっています。薄さもこの中では最薄となっています。

iPhone12ProMaxとの比較

では最後に、最高峰iPhone12ProMaxと、iPhone11ProMaxiPhoneXSMaxとの比較です。

こちらもiPhoneXSMaxと比較すると、重さは増量していますが、ディスプレイサイズが大きくなっていることと、薄さもこの中では最薄となっています。

まとめ

一見代わり映えしないようにも思える新型iPhoneですが、それぞれ見てみると、最新技術により、処理速度、通信速度、画面強度、ダウンサイジング、軽量化など良いバランスで進化した端末だと言えるのではないでしょうか。

現在iPhoneを利用されている方も、そうでない方も、検討されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました